ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

令和2年2月7日(広報わっかない2月号から転載)

 
 「北国の冬を楽しもう!」

 今年も、いよいよ冬本番を迎えましたが、例年と比べ、少し様子が違うことに戸惑っています。
 いつもの年と同じく、今年の元旦の朝は宗谷岬で迎えましたが、あまり経験したことが無いほどの風と寒さの荒れ模様の天気で、正直この後どんな天気になるんだろうと大変心配しました。その後は穏やかな天気が続き、一時はホっとしましたが、松の内を過ぎてもまとまった雪が降らないことに少し焦りを感じています。

 こまどりスキー場も新年を迎えて、なかなかオープンできずにいましたが、なんとかお客様をお迎えすることができました。予定している冬のイベントもこんなに雪が少ないとどうなるのか大変心配ですが、この号が皆さんのお手元に届く頃までに、例年程度の降雪があり、無事イベントの開催にこぎつけていることを心から願っています。

 そんな中、雪の量に関係ないのは「稚内サハリン館」です。今年も友好都市のサハリン州ユジノサハリンスク市から「ルースキー・テーレム」の皆さんがやってきて、楽しい歌や踊りを披露してくれます。
 ぜひ、このまちでしか味わうことのできない、異国の雰囲気を楽しんでください。

 雪や寒さを生活の一部として遊び尽くす、楽しみ尽くす、それが北国の冬です。
 あらためて関係者の皆さんと一緒に、それぞれのイベントが無事開催できることを心から祈ります。


 

 

本文ここまで

ここからフッターメニュー