ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

『ドメスティック・バイオレンス(DV)』とは

 英語の『domesticviolence』をカタカナで表記したものです。一般的には《夫や恋人など親密な関係にある、又はあった男性から女性にたいして振る舞われる暴力》という意味で使用されることが多いようです。ただ、人によっては、親子間の暴力などまで含めた意味で使っている場合もあります。

 内閣府では、人によって異なった意味に受け取られるおそれがある『ドメスティック・バイオレンス(DV)』という言葉は正式には使わず、【配偶者からの暴力】、【夫(妻)・バートナーからの暴力】などという言葉を使っています。

DV被害にあったら

暴力を受けて緊急に避難したい場合

110番通報するか、最寄の警察署や交番に駆け込んでください。

ケガをしている場合

病院で治療を受け、診断書をもらい、警察に被害届を出すことも必要です。

家を出る場合

 身を寄せる場所がない場合には、道立女性相談援助センターや民間シェルターに一時保護を求めてください。
 一時保護を求める場合は、配偶者暴力相談支援センター、警察、市福祉事務所の窓口に相談して下さい。

まずは、ご相談ください。

1.稚内市福祉事務所(市役所社会福祉課障がい福祉グループ)
住所:稚内市中央3丁目13番15号
電話:0162-23-6453

2.配偶者暴力相談支援センター(宗谷総合振興局2階環境生活課内)
住所:稚内市末広4丁目2番27号
電話:0162-33-3399

3.北海道立女性相談援助センター
住所:札幌市西区西野3条9丁目12番36号
電話:011-666-9955

お問い合わせ先

生活福祉部社会福祉課
稚内市中央3丁目13番15号
障がい福祉グループ 0162-23-6453(直通) 保護グループ 0162-23-6457(直通) 基幹相談支援センター 0162-23-6550(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー