ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

サハリンの劇場(2008年11月)

 2008年11月21日付 「“ズドラーストヴィーチェ!!”-サハリン事務所 」などで触れている、劇場についてお伝えします。

 秋が深まった辺りから冬にかけて、更に春頃まで、ロシアは劇場の“シーズン”ということになります。

 ロシアでは各地に専属の劇団を擁する劇場があり、主に“シーズン”の間に公演が行われています。公演については、各劇場で演じることの出来る演目“レパルトゥアール”が幾つもあり、それを順番に舞台で見せるようになっています。

 演目“レパルトゥアール”の中には、演じる俳優が交代しながら永年に亘って公演が続くものもある他方、様々な事情で何回かの公演で姿を消してしまうものもあるようです。

 サハリンにもこうした仕組の劇場があります。ロシアの劇場には、著名な作家や演出家等の名を冠したものが多くあります。サハリンの劇場は、サハリンに足跡を残し、『サハリン島』を著したことで知られるチェーホフの名が冠せられていて、公式には「A.P.チェーホフ記念サハリン国際舞台芸術センター」と称しています。ユジノサハリンスクでは“チェーホフ劇場”と言えば判りますが…

(各写真は2008年11月21日撮影)
“チェーホフ劇場”の正面です。タイルによるモザイクで正面の壁が飾られている他、様々な掲示物が見受けられます。“チェーホフ劇場”の正面です。タイルによるモザイクで正面の壁が飾られている他、様々な掲示物が見受けられます。

ロシアの劇場には必ずと言って良い程ある、近日中の演目を掲げたものがあります。ロシアの劇場には必ずと言って良い程ある、近日中の演目を掲げたものがあります。

一番上には「A.P.チェーホフ記念サハリン国際舞台芸術センター 演目一覧」とあり、その下のガラスで覆われた箇所の上にある赤い太字が“12月”です。ここに月が入るようになっています。左側の数字が日付です。右側の青い文字が劇の名前となります。少し下の方の赤い文字は、直訳すれば「あなたに、お子様に」という意味ですが「親子でご覧ください」ということで、子ども向けの演目を挙げています。

下の方には少し小さな文字で「平日は開演19時、休日は17時」と書かれています。

これは子ども向けの演目の上演を伝えるポスターです。海賊船のイラストの脇にハッキリと“お子様向け”と書かれています。日付は青い紙に白い文字で書いたものを貼り付けたように見えますが、“11月23日”の上演であることを伝えています。黄色い文字で伝えられている開演時間は11時です。これは子ども向けの演目の上演を伝えるポスターです。海賊船のイラストの脇にハッキリと“お子様向け”と書かれています。日付は青い紙に白い文字で書いたものを貼り付けたように見えますが、“11月23日”の上演であることを伝えています。黄色い文字で伝えられている開演時間は11時です。
劇場では、時々新しい演目を準備して公演します。これは12月15日に新しい演目が初演されることを伝えるポスターです。舞台衣装の俳優達の写真を組み合わせた華やかなポスターです。下の方には、航空会社の名前などが見えますが、ポスターに広告を載せることも大切なのでしょう。劇場では、時々新しい演目を準備して公演します。これは12月15日に新しい演目が初演されることを伝えるポスターです。舞台衣装の俳優達の写真を組み合わせた華やかなポスターです。下の方には、航空会社の名前などが見えますが、ポスターに広告を載せることも大切なのでしょう。

ポスターの中程に“12月9・10日”という日付が見えます。12月の“チェーホフ劇場”の演目には無い日付です。よく見ると、上の方にアムール州の劇場の名前が見えます。アムール州の劇場で活躍している劇団が、自慢の演目をサハリンの皆さんの前で演じるためにやってくるのです。ポスターの中程に“12月9・10日”という日付が見えます。12月の“チェーホフ劇場”の演目には無い日付です。よく見ると、上の方にアムール州の劇場の名前が見えます。アムール州の劇場で活躍している劇団が、自慢の演目をサハリンの皆さんの前で演じるためにやってくるのです。

ロシアではこうした“客演”という例も時々見受けられます。

“劇場”と言うと、日本では寧ろ映画館の名前のような印象になるかもしれません。以前は“○○劇場”というような映画館が方々に見受けられ、今でも新作映画が登場する時には“劇場公開”という言い方をする場合もあります。

ユジノサハリンスクには4つの映画館があります。“映画館○○”というような呼び名のものばかりです。

この中の一つ“オクチャーブリ”は、ユジノサハリンスク市都心部のコムニスチーチェスキー通、“チェーホフ劇場”の直ぐ近くにあります。

“オクチャーブリ”は通から見て目立つ建物です。建物正面は、近年改装したようです。“オクチャーブリ”は通から見て目立つ建物です。建物正面は、近年改装したようです。
“オクチャーブリ”では、ロシア国内外の映画を昼前から夜まで毎日上映しています。上映中の作品や、近日上映の作品の大きな懸垂幕を用意して、建物正面に掲げています。“オクチャーブリ”では、ロシア国内外の映画を昼前から夜まで毎日上映しています。上映中の作品や、近日上映の作品の大きな懸垂幕を用意して、建物正面に掲げています。

お問い合わせ先

企画総務部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー