ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「稚内・コルサコフ航路」 2015年の運航開始(2015.06.09)

稚内港のアインス宗谷
稚内港とサハリンのコルサコフ港とを往来するフェリー航路の、2015年の運航が6月9日から始まりました。2015年は、9月18日までの期間に28往復56便の運航が計画されています。

近年は「愛車をフェリーに積み込み、サハリンを走り回る」という「フェリーならではの旅」が注目されています。

オートバイがフェリーに積まれる様子

今年は最初の運航となる6月9日の便から、サハリンで乗る車輛―自動車やオートバイ―を積み込んで出発する皆さんの姿が見受けられました。外国人の姿も見掛けましたが、一寸聞けば、「南北アメリカ大陸を駆けて太平洋を越え、日本各地を巡った後にサハリン、更に大陸を駆け、欧州の母国へ引揚げる予定」という方が在って、かなり驚きました。

車両の一時輸出の手続きの様子

日本国内から車輛をサハリンへ持込み、何日間かサハリンで乗ってから戻るということであれば、“一時輸出”という手続を行います。フェリーへの積込貨物を置く“蔵置場”の辺りで、税関の職員、代理店の方、車輛を持ち出す方が集まって手続きをしている様子も、「フェリーが出る日の光景」として眼に馴染むようになって来ました。

この他この日の便では、サハリンで新たに導入する農業関係の資材も積み込まれました。自然条件が似通っている北海道とサハリン州ですから、産業関連の技術協力、技術移転に関しては双方で期待を寄せており、稚内・コルサコフ航路がそうした活動の一翼を担うのは嬉しいニュースです。

この日の便には、各々の用務等でサハリンを訪ねる34人の乗客が乗船しました。6月前半のサハリンは未だ寒い場合も在ることから、日本側から訪ねる旅行グループが目立つようになるのは、例年6月下旬辺りからです。また、休暇旅行で来日するサハリンの御家族が目立つようになるのは、6月上旬は学校行事が入る場合も在ることから、概ね6月末頃からです。

出港するアインス宗谷

今年も、北海道とサハリン州との多岐に亘る地域間交流を支える<アインス宗谷>は、“出汁之介”や“りんぞうくん”に見送られながら、早朝の雨が上がって薄日が差す宗谷海峡へ出航しました。

出汁之介とりんぞうくんがフェリーを見送りました。

お問い合わせ先

建設産業部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー