ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

極東一を誇る「メガパレスホテル」がグランドオープン(2006年5月)

極東一を誇る「メガパレスホテル」がグランドオープン
 5月6日、極東3地域(ウラジオストク、ハバロフスク、サハリン)では最高の“四つ星”ホテルである「メガパレスホテル」(10階建)が200人の招待者を集めて、グランドセレモニーを行いました。

 当日は晴れ渡った中、マラホフ・サハリン州知事、ローブキン・ユジノサハリンスク市長、ルカベッツ・ユジノサハリンスク副市長などが参加し、オーナーである韓国系ロシア人のアン社長とともにテープカットが行われました。

 ただ、グランドオープンしたとはいっても、未だレストランは洋食のみで、日本食レストランや展望ラウンジ(バー)は完成しておらず、中途半端なオープンとなっている状況です。

 しかし、総工費が30億円ということもあって、200室の客室や付帯の施設内容はやはりすばらしいという感想でした。

 ちなみに、宿泊料金も日本円で22,000円位とのことで、その点でも最高級ホテルです。日本語のできるスタッフも9名ほど揃えており、安心して泊まれると思います。

 今はこのホテルが最高級ですが、来年の夏には“四つ星半”の「ラマダパシフィックホテル」がオープンすべく建設中なので、既存のホテルとの間で価格競争が始まるものと思われます。外国からの旅行者にとっては有難い話しではあります。

挨拶に立つサハリン州のマラホフ知事挨拶に立つサハリン州のマラホフ知事
右から3人目がユジノサハリンスク市のローブキン市長、4人目がサハリン州議会のエフレイモフ議長、5人目がサハリン州のマラホフ知事、7人目がホテルのアン社長、8人目がユジノサハリンスク市議会アルボロフ議長右から3人目がユジノサハリンスク市のローブキン市長、4人目がサハリン州議会のエフレイモフ議長、5人目がサハリン州のマラホフ知事、6人目がユジノサハリンスク市議会アルボロフ議長、7人目がホテルのアン社長

お問い合わせ先

建設産業部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー