ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

農地中間管理事業について

 
担い手への農地の集積と集約化を推進し、農地の有効活用や農業経営の効率化を図るため、農地の中間的受け皿となる農地中間管理事業が創設されました。
これにより、北海道では「公益財団法人北海道農業公社」が農地中間管理機構として知事から指定され、この事業を行うこととなりました。
この事業は、農地を貸したい人(出し手)から機構が農地を長期に借受けし、農業経営の効率化や規模拡大を進めるため農地を借りたい人(受け手)にできるだけ集約して貸付ける制度です。
 稚内市では、機構から業務の一部の委託を受け、相談等の窓口業務や出し手、受け手との調整等を行います。

 詳しくはこちらをご覧ください。


借受希望者の募集について

 募集期間   : 平成31年4月1日(月)~平成32年3月31日(火)
 応募方法   : 稚内市農政課農業振興・委員会グループ又は北海道農業公社へ
             郵送又は持参により提出してください。(電子メール不可)

こちらから「農用地等の借受希望申請書」をダウンロードください(農業公社のリンクへ移動します)
 ※申請書は農政課窓口にもご用意しています。


     
 
 

お問い合わせ先

建設産業部農政課
稚内市中央3丁目13番15号
農業振興・委員会グループ 23-6481(直通) 農林整備グループ 23-6476(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー