ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

看護部のご案内

市立稚内病院 看護部

 

看護部は

理念を基に「人をみること」「人を知ること」「人を理解すること」そして「その人に寄り添うこと」を大切にしております。
 

地域センター病院としての使命を守り、質の高い看護を提供し、患者さんご家族一人一人を大切に地域に根ざした思いやりのある看護師育成とともに、職員が互いを支え、認め合い笑顔で働き続けられる職場環境を目指します。


 

理念

 「その人らしさを尊重した看護」

 「安全で質の高い看護」

 「信頼される心温かい看護」を提供します。


基本方針
 1、患者さんと向き合い意見を尊重し、思いに沿った看護を提供します。
 2、患者さんを全人的にとらえアセスメントし、安全な看護を提供します。
 3、患者さんの個別性を重視し、患者さんの生活に(生き方)配慮した看護を提供します。
 4、自己の役割を理解し、多職種を含めたチーム連携を大切にします。
 5、自律した看護師育成を行い、地域にねざした思いやりのある看護師を育成します。
 6、組織の一員として、病院経営目標に参画します。
 

令和5年度 看護部目標

 🔷 患者さん・家族の思いを尊重し、温かい看護を提供します。
 🔷 患者さんの視点に立ち、患者さんの生活(生き方)に配慮した質の高い看護を提供します。
 🔷 健康で、安心して働き続けることができる職場環境を整備します。



 

3階病棟

 
   外科・皮膚科・内科の急性期混合病棟です。

外科では、胃、腸、胆石、ヘルニアなど消化器を中心とした様々な手術が行われ、手術前後、化学療法、交通外傷や多発外傷などの患者さんが入院しています。
皮膚科は皮膚疾患の治療・手術、褥瘡による入院など、様々な患者さんが入院しています。
また、内科患者さんも多く、心不全・肺炎・悪性腫瘍・血液疾患など、様々な病気の方が入院されています。

 ※患者さんの思い、人格を尊重し、誠実で優しい看護を提供します。
 ※チームワークを大切にし、みんなで協力しあい元気があふれる楽しい病棟です。
 

 手術前後の患者さんが多く入院しているため、術後合併症予防のための早期離床に重点を置き看護しています。また、入院によって生活のレベルを下げないよう日々スタッフが協力・連携した医療の提供をしています。疼痛や不安に対しての関わり方を重視し、急性期に対しそれぞれが学習を深め、安心して入院生活を送れるように看護に取り組んでいます。
 

4階病棟

 

 産婦人科27床、内科11床、小児科10床(新生児集中治療室5床を含む)の混合病棟です。
新生児からターミナルまで非常に多岐にわたる患者さんが入院し、女性と新生児・小児だけの
入院という特徴ある病棟でもあります。そのため明るく穏やかな空気が流れています。

 産婦人科は離島を含む宗谷管内をはじめ、広くは北留萌管内の出産も一挙に引き受けています。年間分娩件数は令和4年度で185件です。
 また、外来と連携しながら病棟助産師による妊婦さんへの保健指導も行っています。
さらに母乳外来を週1回、産後2週間健診、1か月健診も開催し安心した育児が出来るようにサポートしています。

 小児科も広範囲の小児入院を引き受けています。小児科の入院は、感染症・呼吸器疾患・胃腸炎などが主で、新生児集中治療室は低出生体重児・早産児・呼吸器疾患や感染症などの新生児が入院しています。
産科と小児科の混合病棟なので、連携も取れ安心して出産することができます。
 
 

  安心して入院生活を送れるように患者さんに寄り添い、優しい声かけと、笑顔で看護ができるよう心がけています。
 年に数回、新生児蘇生法や小児の処置などの勉強会を実施し日々のスキルアップに励んでいます。


 

5階南病棟

 

 整形外科、眼科の混合病棟です。

整形外科は、交通事故やスポーツでの負傷、仕事作業中の事故、股関節・膝関節の骨折、脊椎疾患などの患者さんが入院されています。
眼科は、白内障の手術患者さんが主になっています。

 混合病棟であり、入院患者さんの年齢層は幅広く、手術を受けられる方や手術後退院に向けてリハビリを頑張っている患者さんが入院されています。

患者さんが笑顔で退院の日を迎えられるよう援助しています。
 

 日常生活動作に制限がある方や、視力障害のある方、ご高齢な方など、基本的な生活援助が必要な患者さんが多く入院されています。
1日でも早く笑顔で退院の日が迎えられるよう、患者さんのQOLを大切に医師・薬剤師・リハビリ科など他職種と連携し退院後の生活を見据えた看護の実践を大切にしています。


 

6階病棟

  
 内科疾患、循環器内科疾患の患者さんが入院されています。心筋梗塞など緊急治療後の患者さんに対し、安心して入院することが出来る入院環境の提供を行っています。
 内科病床56床 + 第2種感染病床4床
  

 内科疾患、循環器内科疾患の患者さんは、ともに緊急入院が多くを占めるため、急な入院による患者さんと家族の不安に寄り添い、安心して入院生活を送れるよう患者さんと家族にとって最良の看護を提供していきます。
 感染病床を有していることから、感染に対する正しい知識を習得し、専門的知識・技術を基盤に安心安全な看護の提供に取り組んでいます。


 スタッフ間の仲がよく、活気に溢れた病棟です。
患者さんやご家族の気持ちを尊重し、寄り添う気持ちを大切に安心して入院生活が送れるようチーム一丸となりより良い看護の提供に取り組んでいます。
 また急性期看護に必要な専門知識を習得し、患者さんやご家族のニーズを満たす事ができるよう日々スキルアップに励んでいます。

 

西病棟

 宗谷管内唯一の精神科病棟です。そのため様々な症状の急性期から慢性期まで、幅広い年齢層の患者さんの受け入れをしています。退院後の生活についても医師・看護師(病棟、外来)・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士・薬剤師の他職種によるチームで情報共有を行い、その人らしい生活が送れるよう環境調整や退院支援を行っています。退院後は継続して訪問看護、デイケアなど患者さんや家族が安心して社会生活を送れるように、専門スタッフが寄り添いサポートをしています。
 

 明るく清潔感ある病棟です。窓から見える裏山には自然が残り、時折、鹿の姿も見られます。

デイルームでは、テレビ鑑賞や読書をして過ごしていただいています。日課の昼食前の運動とラジオ体操は看護職員も患者さんと一緒に励んでいます。







必要な機能訓練や作業療法を取り入れ、日常生活の自立、回復を目標に患者さんのお手伝いをさせていただいています。入院生活の中でも季節を感じていただくために、病棟内の広い空間を利用して四季折々の装飾を行い患者さんに少しでも楽しんでいただけるような工夫をしています。


 

手術室

 

 手術部門と中央材料部門があります。

 

<手術部門>
 

 患者さんの治療の一環である手術がおこなわれる場所です。

当院手術室は3階に5室あり、外科、整形外科、産婦人科、眼科、皮膚科、泌尿器科の6科にて定期・臨時手術を年間約1400件行っています。

手術室では、各科医師、放射線技師、臨床工学技士等、様々な職種のスタッフが患者さんの手術に関わっています。それぞれが専門性を発揮し、コミュニケーションを密に取り、安全に手術が行われるように努めています。           
手術室の看護師は色々な手術の術式、解剖生理、麻酔についてなどの知識を習得しつつ、スキルを磨き、患者さんが安心して手術を受けられるように日々努力し手術看護の実践をおこなっています。
そして、何より一番の持ち味は、スタッフの優しさと笑顔です。チームワークも良く、明るく元気な職場です。
手術室スタッフが術前・術中・術後に患者さんと関わり、寄り添うことで、不安や緊張を少しでも軽減していきたいと思っています。
       
                    


 
<中央材料室>


 患者さんに使用する手術器械をはじめ、病院全体の器械や材料の管理をしており、使用した器械の洗浄、消毒、滅菌を行っています。
 

滅菌は高圧蒸気滅菌、過酸化水素ガスプラズマ滅菌、エチレンオキサイド滅菌を平日稼働させています。
清潔で安全な物品を提供できるように、委託スタッフがしっかり滅菌管理を行っているので、安心して治療を受けていただきたいです。
 

 

透析室

 

 維持透析患者約80名
 

 透析クール 月水金(9:00~19:30 2部体制)

       
       火木土(9:00~17:00)

 看護体制は受け持ち制をとっており、患者さんへの指導や患者さんからの相談がスムーズに行えるよう日々努めています。安全に透析治療が行えるよう医師・臨床工学技士と連携し業務を行っています。ベッド数33台(そのうち個室1床)各ベッドにはロールスクリーンが設置され感染対策とプライバシーに配慮しています。

 患者さんに寄り添った、優しい思いやりのある看護が提供できるよう心がけています。

 全身管理以外に下肢の血流不全(最悪の場合切断になることも)によるADL低下を防ぐために月に1回予防的フットケアを全患者さんに実施しています。また受け持ち看護師が中心となり適宜シャントトラブルスコアリングを行いシャント管理にも努めています。


 

外来化学療法室


<外来化学療法室とは>

 外来化学療法室は通院で化学療法をおこなう患者さんにとって、「より快適に、より安全に、安心して治療を受けられる空間」として、平成20年に開設されました。当院では、治療を受けられる患者さんが十分に納得された上で、「安全」、「安心」、「確実」な化学療法を提供できるように、多職種のスタッフが、チーム医療でサポートするように努力しています。
令和4年に移転し、ベッド数を5床から7床に増床しました。


 

<化学療法とは>

 化学療法とは、主にがんに対する全身治療です。抗がん剤、分子標的治療薬、ホルモン剤の3種類があり、一部の分子標的治療薬はがん以外の病気にも用いられます。手術治療や放射線治療が、がんに対する直接的・局所的な治療であるのに対し、化学療法では、より広い範囲に治療の効果が及ぶことが期待できます。



   
 

内視鏡室


<内視鏡検査とは>
 

 内視鏡検査は、各種疾患の早期かつ正確な診断に重要な手段であるとともに、病変の内視鏡的切除術、食道静脈瘤結紮術、内視鏡的止血術、結石除去術など多岐にわたる方法により低浸襲の治療を可能としています。
 

<内視鏡室の紹介>
 

 当院内視鏡室では、上部内視鏡検査(胃カメラ、超音波内視鏡)をはじめ、下部内視鏡検査(大腸カメラ)小腸内視鏡検査(ダブルバルーン内視鏡検査)胆道系内視鏡検査(ERCPなど)の多岐にわたる検査を行っており、最新の高解像度の内視鏡や特殊光(NBI)(BLI)(LCI)観察で、がんの正確な診断をしています。また、胃・大腸ポリープに対するポリペクトミー・粘膜切除術、胃腫瘍、大腸腫瘍に対する粘膜下層剥離術(ESD)、消化管狭窄に対するステント留置術、総胆管結石・悪性胆道狭窄に対するドレナージ術・載石術・ステント留置術、経口摂取困難な患者さんに対する胃瘻造設術等の各種消化器内視鏡治療を行っています。

 当院は地域センター病院として緊急検査体制を整えており、消化管出血等緊急内視鏡に対して365日24時間対応しています。

     


 

<徹底した感染対策>
 

 内視鏡ファイバーに対する洗浄消毒の質と信頼性を高めるため、当院では、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡の洗浄・消毒ガイドライン」に準じて全検査1件ごとに内視鏡スコープの洗浄、高レベル消毒を行い、処置具のディスポ化を図っています。患者さん一人一人が安心して検査を受けていただけるよう、内視鏡水準の維持・向上に努力し、地域医療に貢献できるよう心掛けています。

     
 

お問い合わせ先

市立稚内病院

ここからサブメニュー

看護部

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー