ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

産婦人科のご案内

はじめに



 市立稚内病院産婦人科は、妊婦健診、婦人科癌検診のほか、不正性器出血・月経不順・
不妊・更年期障害など女性の生活にかかわるトラブルを診療しています。


 当科は3名の医師で構成され、主に午前中は外来診療、午後は手術を行っています。
手術は帝王切開をはじめとする開腹手術以外にも、腹腔鏡手術、子宮鏡手術、膣式手術など
幅広い術式で、患者さんのご希望に対応しております。子宮全摘術や癌などの大きな手術も
旭川医科大学からの出張医の協力のもとで実施しています。


 当院には新生児集中治療室(NICU)がないため、妊娠34週未満での分娩は取り扱っておりません。妊娠34週未満で切迫早産の妊婦さんは名寄、旭川、札幌などへの母体搬送の可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 また、里帰り分娩希望の方は32週頃までに当院を受診して頂くようお願いしています。なお、利尻島・礼文島などの遠方在住の妊婦さんには、妊娠37週からの稚内市内待機か、待機入院という形をとっております。


 

医師紹介


  西脇 邦彦(副院長)
  
  村上 幸治 (医長)

  早坂 美紗(副医長)

  常勤医師3名と、出張医との体制で診療にあたっております。

 

終わりに


 外来は予約制ですので、予約外で受診される方にはお待ちいただく時間が長くなる可能性があります。

 他院で診断を受け、当院で治療や術後経過観察の継続を希望される場合には必ず紹介状の持参をお願いします。

 

ここからサブメニュー

産婦人科

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー