ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内の医療を守る取組

地域医療を考える稚内市民会議(医療市民会議)

●設立目的
 市立稚内病院をはじめとする、本市の病院および診療所を市民が協力しながら支えることにより、地域医療の充実を図り、誰もが安心して住み続けられる地域を構築することを目的として設立しました。

●参画団体(順不同)
 1.稚内市 2.市立稚内病院 3.道北勤医協宗谷医院 4.宗谷医師会 5.稚内市医師会
 6.北海道薬剤師会稚内支部 7.稚内市町内会連絡協議会 8.稚内市社会福祉協議会
 9.稚内市民生児童委員連絡協議会 10.稚内市老人クラブ連合会
 11.稚内市在宅医療・介護連携推進検討会 12.稚内市校長会 13.稚内市公立学校教頭会
 14.稚内市連合父母と先生の会 15.北海道稚内高等学校 16.稚内商工会議所
 17.稚内青年会議所 18.稚内信用金庫 19.道北勤医協宗谷友の会   
 20.稚内禎心会病院 21.稚内大谷高等学校 22.稚内北星学園大学
 23.稚内ロータリークラブ 24.稚内南ロータリークラブ 25.子育てネットわっかホーム

 
計25団体              

●平成30年度 医療市民会議 事業計画
 
医療市民会議では、稚内の医療環境をより充実させるため、以下の10の取組みを実施します。

 ①「医療と健康のまちづくり応援団」の活動支援と情報誌の創刊
   4つの応援団の取組みをより一層推進するため、応援団の取組みを支援します。また、年に4回程度、
   医療や健康づくりに関する情報や、地域の中で様々なかたちで活躍されている方々の情報などを
   掲載した情報誌を発行します。

 ②「第4回稚内の医療を考える市民の集い」の開催
   人との繋がりや社会との繋がりなどが健康に良い影響を与えるという、いわゆる「ソーシャルキャピタル」に
   ついて研究する国立大学法人千葉大学予防医学センター 辻 大士先生の基調講演をはじめ、各応援団の
   取組み状況などを確かめ合う場とします。
 
 ③医療出前講座の実施 
     稚内の医療状況や地域医療を守り支える取組み、救急受診チャート「みかた」を活用した出前講座を
   実施します。

 ④医学生や研修医との交流など
   医学生や研修医を歓迎し、地域ぐるみで応援する体制を構築します。
      
 ⑤青少年が医療職への関心や夢、希望が描けるよう講演会を開催
     将来、地域医療を担う青少年を育成することを目的に、市内の各小中学校において医学生や研修医、
    医師などが講師を務め、子どもたちが学習する機会を設けます。

 ⑥「第5回(2020年)健康のまちづくりサミット」開催地の誘致
     健康や医療に関する分野の取組みを積極的に進める全国の自治体が集い、互いの取組みなどについて
   情報を交換し、効率的に健康のまちづくりを進めることを目的として、毎年行われているもので、
   第5回(2020年)大会に立候補します。

 ⑦市立病院の医師に感謝を伝える取組み       【病院応援団】
     市立病院の医師らに対する感謝の気持ちを伝えるメッセージカード運動を行います。

 ⑧健康講座、体力づくり、薬の正しい知識講座     【健康応援団】
     関係機関や団体などが共同で取組み、人との繋がりを通じて健康づくりができるよう、様々な活動を
   支援します。
     
 ⑨医療探検講座の開催への応援             【未来応援団】
     市立病院において、病院見学や模擬体験など医療職を身近に知る機会を設けます。

 ⑩市内開業医の紹介、新たな誘致に関する取組み  【医師誘致応援団】
    医師会の先生方との意見交換会の開催をはじめ、市内で開業してもらえそうな医師への
    アプローチ方法、開業医誘致助成金のPR方法を検討し、実施します。

●平成29年度 医療市民会議 事業報告
 ①『医療と健康のまちづくり応援団』の創設
 ②『第3回稚内の医療を考える市民の集い』を開催(参加者 180名)
 ③救急受診チャート『みかた』を作成し、市広報誌7月号と同時配布
 ④出前講座、健康づくり教室の実施
 ⑤市広報紙を通じて、市内診療所の紹介や、開業医誘致制度の広告掲載
 ⑥市立稚内病院への感謝のメッセージの募集(H29.4~H30.3 256通)
 ⑦市立稚内病院初期研修医歓迎会の開催や医学生との交流
 ⑧青少年が医療職への関心や夢、希望を持つ取組み
  (小中学校それぞれ1校で医師を講師とした講演会、中学校1校で出前講座、市立稚内病院主催の
    医療探検講座を開催)
 ⑨医療従事者を目指す学生への新たな奨学金制度について、ワーキンググループを設置し検討
 ⑩稚内北星学園大学作成の映像「地域の医療は地域が守る」の制作協力
 ⑪健康のまちづくり友好都市連盟主催「延岡サミット」へ参加
    (KeDプレゼンにおいて「先進的な取組みを思う存分に表現し優秀である」と認められ、優勝)

●平成28年度 医療市民会議 事業報告
 ①救急受診チャート作成に向けた調整・準備
 ②地域医療を守る取組みを先進的に実施している、福岡県大牟田市と宮崎県延岡市を視察
 ③第2回稚内の医療を考える市民の集いを開催(参加者 230名)
 ④出前講座、健康づくり教室の実施
 ⑤市広報紙を通じて、市内診療所の紹介や、開業医誘致制度の広告掲載
 ⑥開業医誘致制度のパンフレットをリニューアル
 ⑦市立稚内病院への感謝のメッセージの募集(H28.6~H29.3 345通)
 ⑧青少年が医療職への関心や夢、希望を持つ取組み(中学校2校で医師を講師とした講演会を開催)
 ⑨医療従事者を目指す学生への新たな奨学金制度の検討を行うため、ワーキンググループを設置 

●平成27年度 医療市民会議 事業報告
 ①H27.10 地域医療を考える稚内市民会議 設立
 ②第1回稚内の医療を考える市民の集い開催
 

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
秘書グループ 0162-23-6384、計画経営グループ 0162-23-6187、広報・広聴グループ 0162-23-6387、戦略グループ 0162-23-6192

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー