ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

友好都市 鹿児島県「枕崎市」との交流


枕崎市・稚内市友好都市提携5周年記念事業として、稚内市民訪問団総勢20名のほか、高校生交流事業として稚内高校から3名が、平成29年10月21日~24日【3泊4日】で、更なる市民交流の絆を深めることを目的とした相互交流をおこないました。
 詳細につきましては、下記のとおりです。
 

1日目・2日目【平成29年10月21日(土)・10月22日(日)】

 10月21日、午後12時10分から、稚内空港1階ロビーにおいて、出発式を行ったあと、13時10分
に稚内市を出発し、羽田空港まで移動。その後、羽田空港から鹿児島空港へ向かいました。
 10月22日、指宿(いぶすき)市西大山駅からJRで日本最南端の始発・終着駅である枕崎市枕崎駅
へ。到着の際には枕崎市長をはじめ、たくさんの枕崎市民の皆さんがお出迎えしてくださいました。
 その後、薩摩酒造明治蔵や、火之神公園、南溟館(なんめいかん)など、枕崎市内を視察し、枕崎市
の歴史・文化への理解を深め、夜には枕崎市主催の歓迎交流会に訪問団一同出席しました。
 予定されていた「まくらざき秋の市」でのセレモニーは、残念ながら台風の影響で中止となってしまい
ましたが、歓迎交流会の場で、稚内市の歴史や昆布の紹介をするなど、枕崎市の皆さんへ稚内市の
PRを十分にすることができました。

      
      
      
 

3日目【平成29年10月23日(月)】

 鰹節工場や高度衛生管理型荷さばき所などの視察を行い、かつお節削り器で日本一のかつお節を
削るなど、枕崎市の歴史や伝統に触れる、貴重な体験をしました。
 その後、大勢の枕崎市の皆さんに見送られながら枕崎市を出発し、鹿児島市へ移動、鹿児島市内
の視察を行いました。
 一方、稚内高校の生徒は鹿児島水産高校を訪問し、稚内市のPRを行ったほか、鹿児島水産高校の
生徒の案内で、校内や枕崎市内の見学をしました。お互いの文化や歴史を学び、今後につながる交流
をすることができました。

      
      

4日目【平成29年10月24日(火)】

 10月24日、鹿児島空港から羽田空港を経由し、稚内空港へ到着。到着後、稚内空港1階ロビーにて
解散式を行い、全日程を終了しました。

 
これまでの主な交流のあゆみ
〇平成23年1月
  枕崎市長が稚内市を訪れ、友好都市提携の申し入れを行う。
署名式

〇平成23年7月
  稚内市長が枕崎市を訪問し、友好都市提携を確認。
〇平成24年4月28日
  稚内総合文化センターにおいて、両市長及び両市議会議長立ち会いのもと友好都市提携調印式が
 行われる。
  キタカラグランドオープンにおいて、枕崎市物産展を開催。
調印式
 
〇平成25年4月
  友好都市締結1周年 記念プレート設置 (JR稚内駅ホーム内)
  北と南の始発・終着駅の両駅に記念のプレートが設置されました。
  稚内市では、稚内駅ホーム内において、駅長や稚内市長らが参加して、除幕式が行われました。 
 

〇平成26年2月
  島根県出雲市の出雲大社において、両市長立ち会いのもと「昆布と鰹」 の縁を結ぶ「コンカツ結婚調印式」
 を行う。
〇平成27年
  両市の商業や観光の発展を目的として、コンカツプロジェクトがスタートする。両市でコンカツプロジェクト推
 進協議会が設置される。
〇平成28年
  「昆布」と「鰹」を使った新商品の開発や、「最北端・食マルシェ」に合わせて鹿児島水産高等学校の生徒が
 来稚するなどの、高校生交流が始まる。

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
秘書グループ 0162-23-6384、計画経営グループ 0162-23-6187、広報・広聴グループ 0162-23-6387、戦略グループ 0162-23-6192

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー