ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

日本映画フェスティヴァル(2005年1月)

日本映画フェスティバルの様子の写真

日本映画フェスティバルの写真
 ユジノサハリンスク市内には幾つか映画館があり、意外に人気があるようですが、その中の一つ“オクチャーブリ”で催しがありました。

 ご覧の写真のように、続々と来場者が館内に入って行きます。

 催しは、1月21日から24日にわたり、日本の映画を上映する<日本映画フェスティヴァル>です。

 オープニングの様子を見に行きました。


日本映画フェスティバルの写真 入場無料だったこともあり、館内は“満員御礼”でした。

 オープニング・セレモニーの後の上映作品は「うなぎ」でした。放映は日本語のままで、ロシア語の字幕スクリーンという形式です。この「うなぎ」…やや難解な作品という印象を受けたのですが、場内では「何故?」というような場面で笑いが起こっていました。“文化の違い”というものでしょうか?

日本映画フェスティバルの写真 オープニング・セレモニーでは、夏井総領事が来賓として挨拶に立っていました。映画を通した日本の文化紹介という訳です。

 総領事は、このフェスティヴァルの“目玉作品”として「鉄腕アトム」を挙げていました。日本ではお馴染みのアニメですが、ロシア語では“АСТРО-БОЙ”(アストロボーイ)と書くようです。

お問い合わせ先

建設産業部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー