ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

自転車の安全な利用について

自転車安全利用五則

 自転車は利用がしやすく、手軽な交通手段として子供から高齢者まで幅広い年齢層に利用されていますが、
一方で、自転車の安全で適正な運転が利用者に求められています。自転車は軽車両であり、車両と同じように
歩行者の優先が求められます。

自転車に乗るときは、自転車の基本的な通行ルールである「自転車安全利用五則」を守って、安全運転に努
めましょう。

自転車安全利用五則

自転車は、車道が原則、歩道は例外 但し、
 ●道路標識や道路標示によって歩道を通行できる場合
 ●運転者が児童(13歳未満)、70歳以上の高齢者、身体障害者であるとき
 ●通行の安全を確保するために、歩道を通行することがやむを得ない場合
 の場合は歩道の通行が可能です。
車道は左側を通行
歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
安全ルールを守る
 ●飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
 ●夜間はライトを点灯
 ●交差点での信号遵守と一時停止
子どもはヘルメットを着用  
 
その他 ・子供を乗せた二人乗りの例外や北海道自転車条例について(北海道のホームページへ)
 

お問い合わせ先

環境水道部くらし環境課
稚内市中央3丁目13番15号
廃棄物対策・生活環境グループ 0162-23-6437、0162-23-6181、市民生活グループ 0162-23-6413

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー