ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

生活困窮者自立支援事業

1.事業の目的


 これまでの福祉制度は、高齢者、障がい者、児童といった特定の対象者、分野ごとに展開されてきました。しかし、近年の暮らしに困っている人々が抱える課題は、経済的な問題に加えて社会的な孤立などがあり、それらが複雑に絡み合った場合もあります。
 そこで複雑な課題を抱えて現行の制度だけでは支援が難しい人に対して、生活全般にわたる包括的な支援を提供する仕組みを作る「生活困窮者自立支援法」が平成27年4月に施行されました。
 「生活困窮者自立支援事業」は、仕事や住まい、家計などに関わる課題が複雑化・深刻化して、破綻しそうな暮らしを受け止め、自立を助ける役割を担います。

 

2.事業の概要


①自立相談支援事業(稚内市自立生活支援センターの開設)

 「働きたくても働けない」「住む場所がない」など、様々な事情で生活に困っている方の相談を受けます。相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作り、専門の相談員が一緒に考え、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行っています。
 稚内市では、稚内市社会福祉協議会に委託して、相談窓口を開設しています。
 
  【お問合せ先はこちら】

     リーフレット 
             稚内市自立生活支援センター(PDF:584キロバイト)

 
       (相談例)
 

●くらしのこと
 ・生活に不安がある
 ・病院にいけない

 
●住まいのこと
 ・家賃が払えない
 ・家を出なければならない
●しごとのこと
 ・仕事が見つからない
 ・働きたいけどブランクがある
 ・社会に出るのが不安

 

●お金(家計)のこと
 ・こどもの学費がない
 ・税金を滞納している
 ・借金の返済が大変
 ・電気や水道が止めれらて
  いる

 
  
 
・出前相談
 身近な所で相談できるよう次の通り相談員が出向いて地区毎に出前相談を行っています。

 令和2年度出前相談開催案内(PDF:404キロバイト)
 令和2年度出前相談日程表(PDF:48キロバイト) 
 

②住居確保給付金の支給

 市では、離職などで住むところが無くなった方や、住む場所を失うおそれが高い方に、就職活動すること等を条件に、一定期間、家賃相当額(生活保護基準に基づく上限額あり)を支援する「住居確保給付金事業」を実施しています。
 このたび、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を踏まえ、令和2年4月20日から支給対象が拡大されました。
 (これまで) ・離職・廃業後2年以内の方
 (改正後)  ・離職・廃業後2年以内の方
         ・休業等により収入が減少し、離職と同程度の状況にある方
 
また、支給対象となる方の負担軽減と手続きの迅速化を図るため、令和2年4月30日から求職活動要件が緩和され、ハローワークへの求職申込が不要となりました。制度の利用にあたっては、収入額や金融資産額(預貯金等)などの要件があります。

 住居確保給付金(稚内市社会福祉協議会ホームページ)
 http://www.wk-syakyo.or.jp/covid19/kyufukin.html

 【相談・申請先はこちら】

 
 

③家計改善支援事業

 家計のやりくりが上手くいかず、生活にお困りの方に対し、家計の見直しなどを一緒に行い家計管理に関する相談やアドバイスを行うとともに、必要に応じて法律相談や貸付事業等の活用を促し、生活の再生や自立を目指す事業です。
 稚内市社会福祉協議会・自立生活支援センターの支援員が支援します。


 【相談・申請先はこちら】
 

 

④就労準備支援事業

 「社会に出ることに不安がある」「他人とうまくコミュニケーションをとることができない」などの理由で、すぐに職に就くことが難しい方には、一般就労に向けたサポートや就労機会の提供を行います。
 事業の利用に際しては、稚内市社会福祉協議会・自立生活支援センターへの相談が必要です。


 
【相談・申請・お問合せ】
 稚内市社会福祉協議会 自立生活支援センター
 〒097-0024 稚内市宝来2丁目2番24号(宝来2丁目バス停前)
 電話番号 0162-24-0707
 月曜日~金曜日 9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)


 

お問い合わせ先

生活福祉部社会福祉課
稚内市中央3丁目13番15号
障がい福祉グループ 0162-23-6453(直通) 保護グループ 0162-23-6457(直通) 基幹相談支援センター 0162-23-6550(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

生活にお困りの方への支援

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー