ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

e-sports交流事業(稚内・ユジノサハリンスク友好都市締結20周年記念事業)

 稚内国際文化交流協議会(事務局:稚内市企画総務部サハリン課)は、10月8日(金)、e-sportsを使った、新たなオンラインでの国際交流を行おうと、北海道の後援、稚内北星学園大学とサハリン国立総合大学の協力の元、e-sports交流事業を行いました。
 稚内北星学園大学チームとサハリン国立総合大学チームが、世界中でプレイされている、サッカーゲームを使い、対戦を行いました。3試合を行い、先に2勝したほうの優勝というルールの元、両チーム1勝1敗までもつれ込み、最後はサハリン国立総合大学チームが接戦をものにし、優勝しました。
 今回は、外務省より、日露地域交流年事業として認定されております。また、稚内市とユジノサハリンスク市の友好都市締結20周年記念事業として行われました。

主催:稚内国際文化交流協会
後援:北海道
協力:稚内北星学園大学 サハリン国立総合大学
日時:令和3年10月8日(金)日本時間:13:00~14:30 サハリン時間:15:00~16:30
場所:稚内側:稚内北星学園大学1階わくほくメディアラボ サハリン側:サハリン国立総合大学2号館215番教室
参加者:稚内北星学園大学 学生4名 サハリン国立総合大学 学生3名
 
稚内北星学園大学チームの様子 サハリン国立総合大学チームの様子
稚内北星学園大学にてパブリックビューイングを実施。 優勝がきまった瞬間のサハリン国立総合大学チーム


 

 

お問い合わせ先

企画総務部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー