ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内灯台

稚内灯台の写真

 ノシャップ岬のシンボル的存在であるノッポな灯台は、紅白の鮮やかなツートンカラーが特徴です。
高さは42.7メートルで、北海道では一番高い灯台であり、全国では島根県日御碕(ひのみさき)灯台に次いで2番目の高さを誇ります。
 明治33(1900)年ノシャップ岬の丘陵地(現レーダーサイト)に建てられた旧稚内灯台は、長い間北の海を守り続けてきました。
 しかし、米軍ノシャップ基地の増強と拡張により移設を余儀なくされ、昭和41(1966)年1月10日現在の位置に移されましたが、旧灯台と変わらないように建てられたため、このような背の高い灯台が建設されました。

  稚内灯台は「思わずやってみたくなる!稚内の楽しみ方50(wow50)」でも紹介しています。

基本情報

・住所 稚内市ノシャップ2丁目
・料金 無料
・アクセス JR稚内駅からバス(市内線)で約10分「ノシャップ」下車、歩いて約5分
JR稚内駅から車で約10分
・駐車場 有り 

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー