ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内市立図書館 沿革

事項
大正5年(1916)
11月10日
稚内尋常高等小学校に付設された、簡易図書館「日新文庫」が開館した。
これが稚内における最初の公共図書館である。
大正の元号の出典である「周易大畜蒙曰、大畜剛健健篤実輝光、日新其徳、剛上而尚賢、能止健大正也」にちなみ「日新文庫」と命名された。
この簡易図書館は単なる学校図書館ではなく、公共図書館として広く一般に開放された。
蔵書は約5,000冊
大正6年(1917)日新文庫図書目録を作成し稚内町一般家庭に配布した。
大正11年(1922)校舎の改築に合わせ面積約15平方メートルの独立図書館を作った。
昭和10年(1935)
12月12日
火災により焼失。
昭和24年(1949)
4月1日
市政施行と同時に市立図書館を創立。稚内市本通北4丁目
建設業本田組2階31.35㎡の部屋を本館として運営した。
蔵書3,000冊
昭和29年(1954)
6月2日
稚内市山下通4丁目、稚内開発会社の建物を買収し、本田組より移転開館した。
建坪153.45㎡、2階89.1㎡、計242.55㎡。
昭和34年(1959)全道公共図書館研修会が稚内市で開かれるのに合わせ、133.65㎡を増築し、一般閲覧室と児童閲覧室に分けて運営されることになった。
昭和47年(1972)
10月3日
移動図書館車「ローターリー号」運行開始、積載1,300冊、ステーション34カ所
昭和50年(1975)稚内市宝来4丁目総合福祉センター2階に新築移転。
図書館部分面積:651㎡。
蔵書約25,000冊
昭和57年(1982)
7月21日
移動図書館車ロータリー第2世号運行開始、積載2,000冊
平成8年(1996)
1月9日
移動図書館車ロータリー第3世号「ぶっくくん」運行開始
積載可能数2,000冊、市内46カ所を月2回巡回
平成9年(1997)稚内市ホームページ内に図書館のページを掲載
平成10年(1998)図書館独立のホームページ立ち上げ
平成11年(1999)
10月
新図書館建設に向けた調査・検討の開始
平成12年(2000)
3月
新図書館建設について決定、計画策定作業着手
平成12年(2000)
7月
図書館建設基本計画骨子の策定を図書館協議会諮問
平成12年(2000)
12月
新図書館の建設位置を大黒4丁目旧国鉄官舎跡地に決定
平成13年(2001)
3月
図書館協議会から新図書館建設基本計画骨子の答申を受ける
平成13年(2001)
5月
「稚内市図書館基本計画」策定
平成14年(2002)
2月
建設工事着手
平成15年(2003)
3月
建設工事完成、旧図書館移転準備のため休館
平成15年(2003)
6月22日
稚内市大黒4丁目1-1(現在の図書館)へ新築移転。
総面積2,977平方メートル、蔵書収容規模225,000冊。
開館と同時にホームページ上から図書検索が可能となった。
平成15年(2003)
10月
ブックスタートを実施
平成17年(2005)
2月
OPAC予約開始
平成17年(2005)
5月
Web予約開始

お問い合わせ先

教育委員会教育部図書館
稚内市大黒4丁目1番1号
0162-23-3874

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー