ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

愛情あふれるきずなの形成 (保健・医療、福祉、消費生活)「基本計画5つの施策の体系」

誰もが安心して暮らせる、人にやさしい社会づくりに努めます。

保健・医療、福祉、消費生活に関する写真

地域福祉の推進

保健・医療、福祉、消費生活に関するイラスト・地域福祉社会の基礎づくり
・児童・母子福祉の充実
・高齢者の社会参加、生きがいづくりの推進

 高齢者や障害者も、住み慣れた地域の中で共に支え合いながら暮らし続けられるよう、稚内市社会福祉協議会など関係団体への支援、関係分野の連携強化を図りながら、人にやさしい地域づくりに努めます。
 また、保育所の整備充実や、高齢者の社会参加の場づくりにも取り組みます。

在宅福祉の推進

・在宅医療福祉体制の充実
・低所得者対策の充実

 高まっている在宅意識や自立意識に対応し、ボランティアの育成や、デイサービス・ホームヘルパーの派遣、福祉タクシーなど、各種サービスの充実を図ります。

福祉施設の整備

保健・医療、福祉、消費生活に関するイラスト・高齢者医療福祉施設の整備
・障害者(児)福祉施設の整備

 高齢者や障害者などが安心して暮らせるよう、介護療養型医療施設、デイサービスセンター、グループホームなど、各種の福祉施設の整備を進めます。

保健医療体制の整備

保健・医療、福祉、消費生活に関するイラスト・地域保健の推進
・地域医療体制の整備拡充

 誰もが健やかに暮らせるよう、健康づくり運動の普及と支援を行いながら、健康教育、健康指導、各種検診など、保健医療体制の整備拡充を図ります。
 宗谷地域のセンター病院として位置づけられている市立稚内病院は、高次的な医療需要に応えられるよう、機能の拡充を進めます。

消費生活の安定確保

保健・医療、福祉、消費生活に関するイラスト・消費者保護の推進
・消費者教育の啓発と充実
・物価の安定

 消費者センターの充実を図り、情報提供や相談など関係機関と協力して進めます。
また、小売価格などの調査を行い、物価の安定に努めます

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
秘書グループ 0162-23-6384、計画経営グループ 0162-23-6187、広報・広聴グループ 0162-23-6387、戦略グループ 0162-23-6192

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー