ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

貸会場等設置事業者緊急支援金の給付について

貸会場等設置事業者緊急支援金の給付

稚内市では、新型コロナウイルス感染症の感染の拡大防止の観点から、多数人でのイベントや懇親会等の開催自粛が継続していることに鑑み、貸会場等を有する事業者に対して、支援金を給付します。
 

申請書類

貸会場等設置事業者緊急支援金の申請にあたっては、必ず募集要項をご確認の上、必要事項を記載した給付申請書、誓約書及び関係書類を支援金事務局まで郵送してください。
※感染症の拡大防止のため、可能な限り、郵送での提出にご協力願います。

 貸会場等設置事業者緊急支援金 募集要項(PDF:106KB)
 〇給付申請書(別記第1号様式)  PDFデータ(64KB)   Wordデータ(21KB)
 〇誓約書(別記第2号様式)  PDFデータ(49KB)   Wordデータ(25KB)

 〇間取図(参考様式)  PDFデータ(13KB)   Excelデータ(14KB)

 【記載例】  ・給付申請書  法人向け(PDF:78KB)  個人事業者向け(PDF:77KB)
         ・誓約書(PDF:60KB)
         ・間取図(PDF:34KB)

給付対象者

次に掲げる要件を全て満たしている事業者の方が対象となります。
(1) 稚内市内において、飲食店又は宿泊施設(以下「対象施設」という。)を営む法人又は個人事業者であること。
(2) 対象施設に32.4㎡(20畳)以上の貸会場等(※1)を有すること。
(3) 団体客の受入れの実績があり、かつ、申請日以降、実際に団体客の受入れが可能であること。
(4) 北海道が提唱する新北海道スタイルを実践していること。
(5) 稚内市内で事業を継続する意思があること。
(6) 申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が稚内市暴力団の排除の推
    進に関する条例第2条に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団関係事業者に該当しないこと。

※1 「貸会場等」とは、会食を伴う集会に使用することを主目的として設けられた貸会場、貸ホール又は貸ス
    ペースであって、専らその目的のために利用されているものをいう。
    小上がりを含む通常の飲食営業スペース、宿泊者向けの朝食等に利用されるレストラン、会議室等は
    該当になりませ
ので、注意してください。
 

支援金額

貸会場等の面積(※2)に応じて、次のとおりとなります。
 
貸会場等の面積 支援金額
 32.4㎡以上100㎡未満 20万円
 100㎡以上200㎡未満 50万円
 200㎡以上 100万円
※2 32.4㎡以上の貸会場等を複数有する場合、それぞれの貸会場等の面積を合算した面積に基づき、支
    援金額を決定します。
 

申請方法

下記の書類を郵送にて提出してください。
※感染症の拡大防止のため、可能な限り、郵送での提出にご協力ください。
(1) 給付申請書(別記第1号様式)
(2) 誓約書(別記第2号様式)
(3) 各種法規に基づく許可書等の写し
(4) 貸会場等の面積が確認できる書類(貸会場等の平面図・パンフレットの写し、間取図など)
(5) 貸会場等の営業実態が確認できる書類(宴会プラン等が掲載されたパンフレット、ホームページ、広告等
    の写しなど)
(6) 貸会場等の状況写真
(7) 「新北海道スタイル」安心宣言を掲示していることが確認できる書類(写真や自社のホームページなど)
(8) 通帳(口座名義人、口座番号、預金種別、金融機関名、支店名が分かるページ)の写し
(9) 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証など)の写し ※個人事業者のみ

 〔郵送先〕
 〒097-8686 稚内市中央3丁目13番15号 稚内市役所内
  「貸会場等設置事業者緊急支援金」事務局

申請期間

 令和2年11月11日(水) ~ 令和3年2月1日(月) 【当日消印有効】
 

問合せ先

 「貸会場等設置事業者緊急支援金」事務局
 【電   話】  0162-23-6197(直通)
 【受付時間】  平日 8時45分~17時30分

お問い合わせ先

建設産業部水産商工課
稚内市中央3丁目13番15号
水産振興グループ 0162-23-6184(直通) 商工・労働グループ 0162-23-6467(直通) 物産振興・ふるさと納税グループ 0162-23-6330(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー