ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

豪華な新ホテル(2007年1月)

サハリンの新しいホテルの写真 サハリンは長く、他の地域の人達が盛んに往来するような地域ではなかった経過があるため、宿泊施設は必ずしも多くありませんでした。が、石油・天然ガスの開発に関連して国内外の関係者が集まるようになったり、稚内・コルサコフ航路のような海路、あるいは航空路が安定的に運航されるようになったことから往来する人が増え、宿泊施設が不足がちな状態が続いていました。

 そうした状況を受け、数年前からホテルの新設や、既存のものの増築や改装も見受けられるようになっていましたが、最近は外国資本も入っているような、豪華なホテルの新設が話題になっていました。






サハリンの新しいホテルの写真 こうした中、オーストラリア企業が運営会社に出資しているという新しいホテル<パシフィック・プラザ>が最近オープンしました。

 このホテルは、オフィスが入居するビルとの複合施設として構想されており、オープンしたのは宿泊施設部分など一部です。

 オフィスが入居予定の箇所は、未だ建築工事が続いています。



サハリンの新しいホテルの写真 このホテルは9階建てで、客室は全部で149室。5階から7階の90室は禁煙室となっているとのことです。ビジネスマンの要望に応えるビジネスセンターや、催しや会合を行うホールが備えられており、バーラウンジ、カフェ、レストランもある、なかなか立派なホテルです。







サハリンの新しいホテルの写真宿泊料金ですが、8,200ルーブルから17,900ルーブルとなっています。一番安価な部屋について、最近の為替レートで考えると、日本円で37,000円程、アメリカドルで310ドル程、ユーロなら237ユーロです。日本であれ、欧米であれ、伝統を誇る名門ホテルを利用可能な価格帯ということになります。

 ホテルの価格のようなものには、「格や豪華さを誇示する」というような意味合いもあるのかもしれませんが、建物や備品が一流であることと、顧客へのサービスもどこにも負けないということを証明するものでもある筈です。十分な設備を有する新しいホテルの登場で、古くからのホテルは淘汰される可能性も囁かれている昨今ですが、サハリンのこの業界がどのようになっていくのか、注目されています。

お問い合わせ先

建設産業部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 0162-23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー