ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「就労体験プログラム構築事業」実施にかかる参加者の募集について

「就労体験プログラム構築事業」の概要

この事業は、令和4年度に実施した「早稲田大学地域連携ワークショップ」にて、学生からの提案内容を元に実施する事業です。
提案内容としては、「2週間の就労体験を行い、地域で利用可能な地域商品券で支給され、学生はその地域商品券を滞在中の飲食や土産物購入、自由時間の体験等の消費に充てることにより、地域での消費額を増加することで地域経済にも寄与する。」というものです。
その具現化に向けて、令和6年2月(学生の春休み時期)に本プログラムの構築するための実証事業を実施することになりました。
つきましては、下記のとおり参加者を募集いたしますので、ご興味のある方は是非お申込みください。

 

就労体験プログラム構築事業の参加者の募集案内

■実施時期:令和6年2月18日(日)~令和6年2月26日(月)【8泊9日】
■募集人員:4名程度
※原則18歳以上の学生、20代の若年層であれば、学生・社会人を問いません。
※事務局にて審査の上、参加者を決定いたします。
■募集期間:令和6年1月22日(月)~令和6年1月26日(金)
【参加者決定:参加者の決定は1月31日までに通知します。】
■申込方法:所定のフォーム(下記の二次元バーコード又はURL)から申込みください。
【二次元バーコード】

■参加費用:おひとりあたり【東京発着】の場合60,000円
※航空便を利用せず、現地発着〈稚内集合・解散〉の場合は30,000円)
【費用に含まれるもの(その他の費用は、参加者の個人負担)】
・東京-稚内間 ANA便利用往復航空運賃(所定の便利用、変更不可)
・稚内市内ホテル宿泊費用8泊分(ホテル奥田屋、シングル利用、朝食付き)
★なお参加費用と「旅費交通費+宿泊費用合計額実費」との差額は、事業主体が負担します。

【就労体験プログラム参加に関する注意事項】
  • 就労体験日数は、5日間(+イベントでは、任意参加でボランティアを募集)を予定
  • 就労体験派遣先は、参加確定後に希望調査を実施の上、詳細を決定
  • 参加条件として、就労体験先がどの事業者・団体になっても参加する意思があることを必須とします。
  • 就労体験時間(1日あたり)は延べ6時間とし、始業・就業時間は事業者ごとに設定されます。
  • 自由行動日を原則期間中の土曜日・日曜日の2日間とする。(体験先の事業者により曜日が異なる場合あり)
  • 地域のイベント開催も自由行動日に予定されており、イベント実施の際に観光としての参加か、運営スタッフとしての参加かを選択可能とし、運営スタッフの場合はボランティア参加となる。
  • 就労体験の報酬として、「地域振興券」にて3万円を支給します。(就労体験内容に関わらず、一律「5日間×6時間/日=30時間」として30,000円分の地域振興券を支給)
  • 就労体験受入先の宿舎に滞在する場合(ホテル不泊)は、地域振興券を追加で支給(1泊あたり3,000円)
  • 就労体験報酬は滞在中の地域消費促進のため、現地到着日に予定している全額を支給
  • 就労体験先への通勤は、原則各自負担にて公共交通機関を利用。ただし、公共交通機関の利用が困難な場合は、事務局または就労体験受入先が送迎対応します。
  • 厳冬期のため、防寒衣・寒冷地用長靴は、各自用意。(就労体験条件により、必要に応じて事業者等より貸与される場合あり)
  • 稚内市長・商工会議所会頭・受入地域事業者と振返り会・交流会(参加費無料、夕食付)に参加いただきます。また、就労体験プログラム参加前と参加後にWEBアンケートを記入いただき、提出していただきます。
■実施主体:わっかない観光活性化促進協議会
■問い合わせ先:事務局業務委託先
株式会社ANA総合研究所 地域連携部
担当:丸山・市川
TEL:070-4874-0980(平日10:00-17:00)
■関連リンク:

お問い合わせ先

建設産業部観光交流課
稚内市中央3丁目13番15号
観光戦略グループ 0162-23-6468(直通) 連携推進グループ 0162-23-6272(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー