ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

救急の日・消防フェアについて

「救急の日・消防フェア」について

 
 9月9日は「救急の日」です、昭和57年に、この日を含む一週間を「救急医療週間」とし、住民の皆さんに救急業務や救急医療を正しく理解していただき、知識を深めていただく事を目的とし、制定されました。

 AED(自動体外式除細動器)が誰でも使用可能となり、心肺蘇生法とAEDを用いた早期除細動を行うことで救命率が向上しています。救急隊が現場に到着する前に、その場にいる「あなた」が行う適切な応急手当が尊い命を救うために大変重要です。
 応急手当の大切さを市民の皆様にご理解して頂くため、稚内消防署では「救急の日」に関する行事の一環として9月4日(土)に「救急の日・消防フェア」の開催を予定致しております。心肺蘇生法や応急手当の体験、アトラクション等もご用意しておりますので、ご来場お待ち申し上げます。
 開催時、新型コロナウイルス感染防止対策を行うにあたり、規制等を実施する場合がございますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 ご来場の際に感染対策として、マスクの着用、手指消毒、検温のご協力をお願い致します。
 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今後の感染状況により、開催中止の可能性があります。開催中止が決定した際には、ホームページ及び広報誌等にて随時お知らせいたします。

※火災・災害等、有事の際は勝手ながら災害出動を優先し「救急の日・消防フェア」を途中で中止する場合がございますので、予めご了承ください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー