ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内市廃棄物最終処分場について

【施設の概要】

建設場所 稚内市新光町1789番地
整備期間 平成17年2月8日~平成19年9月30日
運営期間 平成19年10月1日~平成29年9月30日
管理期間 平成29年10月1日~平成31年9月30日
開場日時 月曜日から土曜日 午前8時30分から午後4時30分まで
閉場日 日曜日及び1月1日から1月3日
運営管理費 743,784,000円(運営費688,784千円+閉鎖後管理費55,000千円)
事業費 2,675,808,000円(税込:2,809,598,400円)
埋立構造 準好気性埋立
埋立面積 27,000m2
埋立容量 189,000m3
浸出水処理方式 生物処理+凝集沈殿+砂ろ過+活性炭処理
浸出水処理施設 RC造地上1階・地下2階(延床面積1,260m2内管理室部分184m2)
処分場形式 覆蓋型/移動式(6,750m2の4区画)
遮水構造 複合遮水構造(漏水検知システム)
調整槽容量 1,100m3
水処理能力 30m3/日
ストックヤード 鉄骨造780m2(資材置場および不適正物の仮置場)
防災調整池 3,500m3
前処理設備 自走式破砕機

【施設の特徴】

(1)屋根付きの処分場
  • 処分場全体を4区画(1区画50m×135m)に分割し、移動式の覆蓋(屋根)を設置。 
  • 鳥類被害(カラス・カモメ等)の対策が可能
  • ごみの飛散や騒音など、周辺環境への影響が低減。
  • 雨水が入らないため安定した汚水処理が可能。
  • 気象条件に左右されない年間を通した安定的な埋立業務が可能。
(2)安全管理対策
  • 放流水や地下水の連続監視を行う。
  • 三重遮水構造と電流式漏水感知システムにより地下水汚染を未然に防止。
  • 処分場内の臭気やガスは脱臭処理を行ってから大気に放出。
  • ごみの搬入・埋立状況を常時監視して作業の安全確保に努める。
(3)早期安定化対策
  • 自走式破砕機の活用で廃棄物がより細分化されて埋立される。

維持管理に関する情報

お問い合わせ先

生活福祉部生活衛生課
稚内市中央3丁目13番15号
衛生グループ 0162-23-6437、0162-23-6181、市民生活グループ 0162-23-6413

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

早引きインデックス

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー