ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

村木 築磨 さん

村木さん 2016年3月に大阪府より移住                    

Q1.なぜ数ある自治体の中から北海道の稚内市を選んだのですか。

 幼いころからずっと大阪から出たいという思いがありました。稚内を初めて知ったのは、小学生のころに稚内の小学校と文通をしていたのがきっかけでした。社会人になってからは、日本海側を中心に旅行を繰り返していたのですが、その中でも稚内が一番でした!昨年の10月に下勇知で移住体験をさせていただいて稚内の良さを改めて実感し、稚内に移住することを決めました。
 

Q2.稚内市での移住体験はどうでしたか。

 9日間という短い間でしたが有意義な時間を過ごすことができました。特に思い出に残っているのは、移住体験の最終日に近所の方々に招いていただいたジンギスカンパーティです!稚内に住んでる方々は本当に心が温かいですね!移住体験と言ってもただ住むだけじゃなく、ご近所付き合いも含めて移住体験なのだと感じました。また、都会の雑踏から逃れることができて本当に心が洗われました。移住体験でいい経験ができました!
 

Q3.大阪出身の村木さんにとって稚内市の魅力とは何ですか。

 稚内は、自然環境が市街地のすぐそばにあるところが気に入っています。街があって、すぐそばに山があって海があります。釣りを趣味でやっているのですが、家から少し歩いたところで釣りができるのも魅力の一つですね!稚内に来てからは、釣れた魚は貴重な食料源となっています。まだ7匹ですけど(笑)。ただ、大阪では釣り場まで車で1時間もかかっていたので、稚内は自然が身近にあることを実感しています。都会の人たちにとっては楽園のような場所だと思いますね! YouTubeで稚内にある日本最北端のものをどんどん紹介していきたいです!
         焼き魚          イカ
 

Q4.今後、稚内市で生活していく中で挑戦してみたいことはありますか。

 漁師海水浴です!稚内には坂の下という地域に海水浴場がありますよね。7月の海の日からお盆前までオープンしているそうなので、ぜひ「日本最北端の海水浴場」を体験してみたいですね。水温は15℃ぐらいだと聞いたので、涼しいそうでいいですね(笑)。
 また、大阪にいたときは重労働もやっていたので、今は力があり余っているんです。漁業関係の仕事があればやってみたいです。昆布干しもいいですね。
 

Q5.稚内市でどんな仕事をしていますか。

 今はYouTubeを使った仕事がメインで、副業として「なんでも屋」のようなことをしています。「なんでも屋」では、買い物や片付けなどを中心に、週に一回のペースで仕事をしています。移住するとなると職探しが大変なのですが、ネット関係の仕事だと場所を選ばないのでいいですね!この仕事がうまく行かなくても稚内で何らかの仕事を見つけたいと思っています。稚内にずっと住み続けたいです!
 

Q6.稚内市の好きな食べ物は何ですか。

 たこしゃぶが大好きです!稚内で移住体験をしたときに初めて食べたのですが、たこしゃぶは大阪にはないので、大阪に戻ってからも何度も取り寄せて食べました(笑)。大阪の友人にも大好評で、たこ嫌いの友人もおいしく食べていました。
 

Q7.今後、稚内市への移住を検討している方に一言。

 稚内に移住してから、「一緒に住まないか」と友人に声をかけているのですが、「寒い」というイメージが強いみたいで、なかなか移住ということにはなっていきません。でも、移住体験や移住をしてみたら、地域住民の温かさや自然の魅力を堪能できる素晴らしい地域だと私は思いました。今後もYouTubeで稚内の魅力を発信していくので、移住の検討材料にしてくださーい!
稚内公園

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
秘書グループ 0162-23-6384、計画経営グループ 0162-23-6187、広報・広聴グループ 0162-23-6387、戦略グループ 0162-23-6192

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー