ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

土砂災害対策について

土砂災害ハザードマップについて

土砂災害警戒区域等については津波ハザードマップに併せて掲載されています。
 

土砂災害から身を守るために

土砂災害(崖崩れ、土石流、地すべり)は、予測の難しい災害ですが、発生する場所や時間はある程度特定可能です。
土砂災害から身を守るために最低限知っておきたいことは、次の通りです。

住んでいる場所が危険な場所でないか確認する

北海道のホームページや津波ハザードマップに土砂災害のおそれがある区域が掲載されています。
住んでいる場所や普段行動する範囲に危険な区域がないか確認しましょう。
北海道土砂災害警戒情報システム(北海道のページ)
津波ハザードマップ(土砂災害計画区域等も掲載しています)

雨が降り出したら土砂災害警戒情報に注意する

土砂災害が発生する多くの場合は、気象庁から「土砂災害警戒情報」が発表されています。
雨が降り出したら土砂災害警戒情報に注意しましょう。
土砂災害警戒情報が発表された場合は、防災メール防災ラジオなどでお知らせします。

土砂災害警戒情報が発表されたら早めに避難する

がけ下や渓流沿いなどに住んでいる方は、土砂災害警戒情報が出たら早めに土砂災害の危険がない近くの避難所に避難しましょう。また、土砂災害の多くは木造一階で被災しています。豪雨などでどうしても避難所へ避難できないときは、次善策として、近くの頑丈な建物の二階以上に緊急避難したり、それも難しい場合は家の中でより安全な場所(がけから離れた部屋や二階)に避難しましょう。
 

土砂災害防止法について

土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)とは、 土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難態勢の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進するための法律です。
土砂災害防止法の概要(PDF:2.3MB 国土交通省ホームページ)
 

土砂災害警戒区域等とは

土砂災害防止法に基づく基礎調査の結果から都道府県により指定される区域です。
この区域内では、土砂災害(崖崩れ、土石流、地すべり)から国民の生命・身体を守るために、危険の周知や警戒避難体制の整備等のソフト対策(工事によらない対策)が行われます。
土砂災害警戒区域等とは、土砂災害警戒区域土砂災害特別警戒区域の2種類の区域をいいます。
土砂災害警戒区域(通称イエローゾーン)は、 土砂災害のおそれがある区域です。
危険の周知や警戒避難体制の整備が行われます。
また、土砂災害特別警戒区域(通称レッドゾーン)土砂災害警戒区域のうち、建物が破壊され、住民に大きな被害が生じる可能性のある区域です。
危険の周知や警戒避難体制の整備のほか、一定の開発制限による住宅等の新規立地の抑制や、開発行為の規制、危険区域内の住宅の移転推進等が行われます。
 

稚内市での指定状況について

稚内市の土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定状況及び基礎調査の結果については、北海道土砂災害警戒情報システムから確認できます。 
 

お問い合わせ先

企画総務部総務防災課
稚内市中央3丁目13番15号
総務・統計グループ 0162-23-6235、法規文書グループ 0162-23-6259、DX推進グループ 0162-23-6406、防災グループ 0162-23-6380、市史編さん準備グループ

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー