ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内市環境づくり会議各部会毎の会議開催状況(第3回目)

市民部会

第3回目[平成22年8月24日(火)3名/8名参加]

環境フォーラムでの出展について

  • 消費者協会さんで、端切れなどを利用したエコバックの展示または実演をしては?
  • こども劇場さんに環境をテーマにした寸劇を依頼してはどうか。
  • ガイヤナイトの写真を展示してはどうか。

広報紙でのエコ紹介

  • 市の広報誌に掲載する市民のエコ活動に関しては市民部会らしく小さなことでも拾い上げるようにする。
  • 公募を開始する。
  • 掲載能力は、まずは環境づくり会議参加団体を通じて依頼。

ガイヤナイト

  • 具体的なスケジュールの組み立てを行う。
  • 彩北わっきゃナイトとの調整。
  • 実施時間はキャンドルの点灯とあわせ17時~18時としてはどうか。

産業部会

第3回目[平成22年7月20日(火)6名/8名参加]

北海道グリーン・ビズ認定制度をもとにした稚内バージョンの創設について

  • 登録した事業者に登録番号を記載したステッカーを配布してはどうか。
  • 観光客に、スタンプラリーのように登録事業所を巡ってもらい、所定の数を回ったら景品(出汁之介ストラップや温泉童夢入浴券など)をプレゼントしてはどうか。
  • 北海道グリーン・ビズ認定制度に登録したら一部金融機関から優遇融資が受けられる。稚内バージョンを創設するなら地元の金融機関にも優遇融資を受けられるようにしてもらえないか。
  • 稚内らしい取組みとしては、観光のまちとして、観光ポイント周辺の清掃活動などを入れてはどうか。⇒継続して検討する。

産業廃棄物について

  • 産業部会で廃棄物問題に取り組むかどうか。
  • ごみの処理を主な業務としている事業者もいる。
  • 廃棄物に経費がかかるか、かからないかは大きな違い。
  • 家庭系一般ごみは有価物(廃プラ・雑がみなど)を除くことで3割減になった。事業系・産廃でも同じことが言えるのでは。⇒廃棄物の現状や問題点について調査を進める。

教育部会

第3回目[平成22年8月24日(火)4名/7名参加]

○標語の募集について

  • 前回の議論「小学生とその保護者を対象に環境に関する標語を募集する。」

○環境教材の作成について

  • 前回の議論 「テーマ、内容の絞込みを行う。」

○環境フォーラムについて

  • 事例発表者として、西小中学校の取り込みをこどもに発表してもらってはどうか。

その他

  • 環境に取り組んでいる個人・団体の取組みを、学校と協力して総合学習の時間に紹介する場を設けてはどうか。
  • 環境の取組事例については、環境づくり会議で話を聞く場が必要ではないか。

お問い合わせ先

環境水道部環境エネルギー課
稚内市中央3丁目13番15号
環境政策グループ 0162-23-6386 廃棄物処理グループ 0162-23-6860

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー