ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

6月

国立公園浜勇知園地の写真
利尻富士とエゾカンゾウ
夕日のノシャップ岬の写真
宗谷丘陵と風力発電

  日本のてっぺん稚内は、梅雨のないさわやかな季節ですが、まだ朝と夜は肌寒くカーディガンなどが必要です。

  これから、稚内の原野に美しい花が咲き乱れる季節を迎え、今月の中旬には、エゾカンゾウ、エゾスカシユリ、アルメリアなどが美しく彩ります。

  日本海に面する利尻礼文サロベツ国立公園の稚内西海岸は、海に浮かぶ利尻富士を眺めながら原生花を見ることができるおすすめのドライブコースです。

  また、北海道遺産である宗谷丘陵周氷河地形と共に白く輝く風力発電と利尻富士を望みながら歩くフットパスコースは、壮大な景色を楽しむことができます。後半3kmには貝殻を敷き詰めた“白い道”は、おススメの観光スポットとなっております。

平均気温
12.7℃
服装
薄手のセーター、カーディガン

おすすめスポット

利尻礼文サロベツ国立公園
浜勇知展望休憩施設(こうほねの家)
宗谷丘陵
旬の味覚
ホタテ・ウニ・ホヤ・オオナゴ・ハマボウフウ

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー