ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

稚内市青少年科学館

 

 昭和49(1974)年7月28日にオープン、総面積1,832平方メートル。2階建ての施設で、ノシャップ寒流水族館に隣接しています。
 施設内部は、現在北海道で稼働している中では最古であるプラネタリウムで、毎月最新情報を取り入れた投影を行うほか、天文台をはじめ、実験室も完備され、遊びながら科学の素晴らしさを学べるようになっています。
 また、この科学館には、稚内市にゆかりの深い南極観測資料が数多く展示されており、歴代の砕氷船「宗谷」「ふじ」「しらせ」の模型や、実際に南極観測で使用された犬ぞりや、南極の石、樺太犬タロ・ジロの関係資料が豊富に展示されています。
  なお、平成26(2014)年度にリニューアルし、ノシャップ寒流水族館と入口が共通になり、より気軽に楽しむことができるようになりました。
 また、平成30(2018)年7月には、「わっかりうむ」という愛称が発表されました。

 稚内市青少年科学館は「思わずやってみたくなる!稚内の楽しみ方50(wow50)」でも紹介しています。
 

紹介動画
基本情報
 
・住所 稚内市ノシャップ2-2-16
・営業期間 夏期間 4月29日~10月31日
冬期間 11月1日~3月31日
・営業時間 夏期間  9:00~17:00
冬期間 10:00~16:00
・休業日 4月1日から28日、12月1日から翌年1月31日
・料金 入館料(展示室) 個人 500円(一般) 100円(小中学生)
            団体 400円(一般) 80円(小中学生)
・年間パスポート 水族館・科学館共通  1,000円(一般) 300円(小中学生) 
・アクセス (1)JR稚内駅よりノシャップ岬へ約10分
(2)バス JR稚内駅より宗谷バスで「ノシャップ」行きに乗車、「ノシャップ」で下車(所要時間約15分)から徒歩5分
・駐車場 有り
・お問い合わせ 稚内市青少年科学館 電話:0162-22-5100
ホームページ(
https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kagakukan/

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー