ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

市の概要と歴史

市の概要

稚内市は、北海道本島最北「日本のてっぺん」に位置するまちです。
「水産」・「酪農」・「観光」を基幹産業とする北海道宗谷地方の行政、経済の中心地です。

宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、
利尻礼文サロベツ国立公園をはじめとする豊かな自然が広がります。

最高気温も22~28℃と涼しく過ごしやすい気候なので、夏でも快適な旅が楽しめます。
一方、最低気温はマイナス10度~14度であり、冬になると流氷が接岸することもあります。

日本最北端の地の碑のある宗谷岬からは、約43km先のサハリン(旧樺太)を望むことができ、
稚内市内のあちこちに先人たちの歴史物語があります。

もちろん、観光をはじめ、グルメ・温泉・アクティビティなども充実しています。
日本人旅行者はもちろんのこと、最近では外国人旅行者や自転車で旅行する方も増えてきました。

魅力あふれる日本のてっぺん・稚内を、めいっぱい楽しんでください!
 

市の歴史

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー