ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

巡回展「金星探査機「あかつき」」

日本初の金星探査機「あかつき」からの最新報告をパネル展でご紹介します。

2010年の金星周回軌道投入の失敗を乗り越え、5年後の再挑戦で軌道投入に成功した「あかつき」。
搭載された様々な装置は金星をつつむ厚い大気を、地表に近いところから雲の上層部まで立体的に観測します。
金星の大気が時速360kmで高速回転する「スーパーローテーション」の謎を解明することは「あかつき」の大きな目的のひとつです。
研究者たちはこれらの観測から「金星の気象学」を確立し、さらに地球や他の惑星と比較することで、より普遍的な「惑星気象学」という学問を生み出すことを目指しています。


期間 :令和2年2月1日(土)~3月31日(火)
場所 :科学館 1階ホール
観覧料:無料(入館料のみでご覧いただけます)

企画・制作:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
協力:全国科学館連携協議会

 

お問い合わせ先

教育委員会教育部科学振興課
稚内市ノシャップ2丁目2番16号(青少年科学館・ノシャップ寒流水族館内)
科学館グループ 0162-22-5100(直通) 水族館グループ 0162-23-6278(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー