ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ノーベル化学賞受賞 白川英樹博士特別実験教室の開催について

白川英樹博士特別実験教室
導電性プラスチックを作ろう!二次電池への応用(終了しました
※白川博士をお招きしての特別実験教室は終了しましたが、2019年と2020年にも当館の職員が講師を務め同様の内容の実験教室を行う予定ですので、詳細が決まり次第お知らせします。

稚内市青少年科学館では、白川博士特別実験教室「導電性プラスチックを作ろう!二次電池への応用」を開催します。
この実験教室は、2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士自らが講師を務め、実験を通して化学の不思議さ・面白さを子ども達に伝えるものです。
科学に興味があり、学んでみたいと思っている、小中高生の皆さんの参加をお待ちしています。

日   時 :平成30年11月18日(日) 
                   13時00分~16時30分
場   所 :稚内市青少年科学館2階 A実験室
対   象 :小学校5年生~高校生まで       
募集人数 : 20名 (小学生10名・中高生10名程度 先着順)
申込期間 :平成30年9月28日(金)~平成30年10月18日(木)まで
                   ※お申込は電話(0162-22-5100)にて受け付けております。
                   ※募集人数に達した場合、お申込の受付は締め切らせていただきます。
受  講  料 :無料
ご不明な点がございましたら青少年科学館(0162-22-5100)までお問い合わせください。

主催 :稚内市青少年科学館
共催 :日本科学未来館
協賛 :旭化成株式会社
協力 :全国科学館連携協議会
 
 

お問い合わせ先

教育委員会教育部科学振興課
稚内市ノシャップ2丁目2番16号(青少年科学館・ノシャップ寒流水族館内)
科学館グループ 0162-22-5100(直通) 水族館グループ 0162-23-6278(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー