ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて生活にお困りの方へ

   ~ 新型コロナウイルス感染症の影響で
 
                       収入が減少し生活が困窮する方へ ~
 

 

1 住居確保給付金の支給

 市では、離職などで住むところが無くなった方や、住む場所を失うおそれが高い方に、就職活動すること等を条件に、一定期間、家賃相当額(生活保護基準に基づく上限額あり)を支援する「住居確保給付金事業」を実施しています。
 
 制度の利用にあたって、対象要件があります。
 離職・廃業後2年以内または個人の責任・都合によらず給与等を得る機会が、離職・廃業と同程度まで減少している方が対象で、収入額や預貯金額が基準値以下である必要があります。
 また、求職活動要件は対象者によって変わりますのでお問い合わせ下さい。
     
 この給付金は賃貸物件にお住まいの方が対象となります。
      【相談・申請】
   稚内市社会福祉協議会 自立生活支援センター
   〒097-0024 稚内市宝来2丁目2番24号 (宝来2丁目バス停前)
   電話番号 0162-24-0707
   月曜日~金曜日 9:00~17:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

 2 生活福祉資金(緊急小口資金・総合支援資金)特例貸付

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入が減少し生活に困窮する方を対象に、緊急・一時的に、または生活再建までの間の生活費が必要な方のための貸付を実施しています。
 緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付)について、令和4年9月末日をもって終了しました。 

3 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 

 新型コロナウイルス感染症の流行の長期化に伴い、緊急小口資金等の特例貸付について、貸付限度額に達した等の事情で利用できず、生活保護の受給や新たな就労に円滑に移行できていない困窮世帯に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下、自立支援金)を支給します。
 自立支援金について、令和4年12月末日をもって終了しました。

お問い合わせ先

生活福祉部社会福祉課
稚内市中央3丁目13番15号
障がい福祉G・地域共生社会推進G 0162-23-6453(直通) 保護G 0162-23-6457(直通) 基幹相談支援センター 0162-23-6550(直通) ひきこもり相談ダイヤル 0162-23-7811(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

生活にお困りの方への支援

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー