ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ロタウイルスワクチンが定期接種になりました

令和2年8月1日以降に出生したお子さんへ

 令和2年10月1日より、これまで任意接種だったロタウイルスワクチンが定期接種となり、無料で受けられるようになりました。

ロタウイルス胃腸炎とは

 乳幼児に多く起こる感染性胃腸炎の一つで、ロタウイルスというウイルスが原因です。激しい下痢や嘔吐によって脱水を引き起こしやすく、けいれんがみられることもあるため、最も重症化しやすい乳幼児の胃腸炎と言われています。
接種対象者
令和2年8月1日以降に生まれたお子さん
令和2年10月1日(木)以降に接種したワクチンが対象となります
 
接種期間
生後6週以上~生後24週(5か月半)未満
≪推奨される接種期間≫
1回目は生後14週6日(3か月と10日)までに接種

 
接種回数・間隔
2回 : ロタリックス(経口弱毒性生ヒトロタウイルスワクチン 1価)
※ 1回目の接種から27日以上の間隔をあけて2回目を接種します。
 
接種場所
医療機関での個別接種
※詳細については、ロタウイルス予防接種についてをご覧ください
 

以下の方は接種対象から外れます

●腸重積症の既往歴のあることが明らかであるお子さん
●先天性消化管障害を有するお子さん(その治療が完了した方を除く)
●重症複合型免疫不全症の所見が認められるお子さん
 
ロタウイルスワクチンに関するQ&Aもご覧ください。

お問い合わせ先

生活福祉部健康づくり課
稚内市中央4丁目16番2号(稚内市保健福祉センター内)
0162-23-4000

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー