ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ノシャップ寒流水族館へようこそ!

日本で100番目、最北の水族館

昭和43年7月、秀峰利尻富士と礼文島、サハリンを展望できるノシャップ岬に、北海道開道100年、稚内市開基90年、市制20年の記念事業として日本最北の水族館として100番目に建設されました。
北の冷たい海でたくましく生きる魚やアザラシたちを間近に見ることができる水族館です。
また、それらの生態を楽しみながら学ぶことができます。
 

北方系の生き物を中心とした飼育展示

稚内市ノシャップ寒流水族館では、北方系の生き物を中心に100種約1,500点を飼育展示しています。
水量90トンの回遊水槽は「まぼろしの魚」イトウをはじめ、ソイ、カレイ、ホッケ、オオカミウオなどの魚群がさまざまな生態をみせながら泳ぎ回っています。
他の水槽でもカニ、エビ、ニシン、アメマス、タコなど多くの魚たちが華麗な姿を見せています。
 
イトウの写真
イトウ
オオカミウオの写真
オオカミウオ
スケトウダラの写真
スケトウダラ
アメマスの写真
アメマス


 

お問い合わせ先

教育委員会教育部科学振興課
稚内市ノシャップ2丁目2番16号(青少年科学館・ノシャップ寒流水族館内)
科学館グループ 22-5100(直通) 水族館グループ 23-6278(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー