ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

コンカツ(昆鰹)プロジェクト

昆布と鰹が結婚!?夫婦都市として更に絆を深める

【写真:左から神園枕崎市長、長岡出雲市長、工藤稚内市長】
【写真提供:出雲市】

 稚内市と友好都市鹿児島県枕崎市との「コンカツ(昆鰹)プロジェクトが始動しました。
 平成26年2月18・19日、稚内市の特産「利尻昆布」と枕崎市の特産「鰹(かつお)」が、縁結びの地・島根県出雲市に集い、日御碕(ひのみさき)神社及び出雲大社において昆布と鰹節の奉納(結婚式)をしました。また、出雲市役所で長岡秀人(ながおかひでと)出雲市長を仲人役として立ち会いのもと、3者(3市)でコンカツ婚姻書の調印式を行い夫婦(めおと)都市として更に絆を深めることを約束しました。

工藤稚内市長は「仲介の出雲市に感謝します。枕崎、稚内、そして出雲の3市で手を合わせて何か取り組みができればと考えている。和食の出汁の魅力を再発見する取り組みがスタートできる」と喜び、神園征(かみそのただし)枕崎市長も「情報発信や商品開発などで、地域の活性化につながる」と述べていました。

平成26年2月19日に行われました「コンカツ結婚調印式」の様子は、出雲市ユーチューブ公式
チャンネルに掲載されており、下記のURLで当日の模様を見る事ができます。
・出雲市ユーチューブ公式チャンネル → http://www.youtube.com/user/cityizumo
・「コンカツ結婚調印式」 → http://youtu.be/nGIkOexgKq8
 

高校生交流事業

 平成28年度より、稚内高等学校商業クラブと、鹿児島水産高等学校食品工学科協同による「新商品開発」事業が開始しました。
 両市の特産品(「昆布」と「鰹」のほか、稚内ブランドである「勇知いも」等)を活かした新商品開発による地域活性化や、地域間の永続的な友好交流(絆)を深めることを目的とし、意見交換を繰り返しながら新メニュー開発に取り組んでいます。

最北端・食マルシェへの出店
 平成28年8月27日(土)~28日(日)で開催された最北端・食マルシェにおいて、鹿児島水産高等学校食品
工学科の生徒3名が稚内市を訪れ、稚内高等学校商業クラブと協同で出店、開発された「コンカツお好み焼き」と「かつおのばくだんコロッケ」を販売しました。
    

最北高校生が贈る北と南のコンカツハネムーンツアー
 最北端・食マルシェ終了後、平成28年8月29日(月)~31日(水)の日程で、 鹿児島水産高等学校食品工学科の生徒を、稚内市の観光名所へ案内する交流ツアーを行いました。稚内高等学校商業クラブの生徒が観光、交流のメニューを考え各名所の説明を行い、枕崎市の方へ稚内市の魅力を伝えました。

鹿児島水産高校実習船『薩摩青雲丸』入港
 
枕崎市・稚内市友好都市提携5周年記念事業の一環として、平成29年6月30日(金)~7月2日(日)に鹿児島水産高校実習船『薩摩青雲丸』が入港しました。入港期間中には、両校生徒による‟コンカツラーメン”の無償提供が行われ、そのほかにも意見交換会を開催するなど、お互いの歴史や文化などへの理解を深め合いました。
     
     

稚内市民訪問団と一緒に枕崎市を訪問
 
平成29年10月21日(土)~24日(火)に、枕崎市・稚内市友好都市提携5周年記念事業として枕崎市を訪問する稚内市民訪問団と一緒に、稚内高等学校商業クラブ3名が枕崎市を訪問しました。
 鹿児島水産高校を訪れ、稚内市のPRを行ったほか、鹿児島水産高校の生徒の案内で枕崎市内の見学するなど、高校生交流の絆をさらに深めました。
     
 

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
総合戦略推進グループ 0162-23-6192、まちづくり協働グループ 0162-23-6471、医療対策グループ 0162-23-6287

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー