ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

平成30年2月8日(広報わっかない2月号から転載)

「盛りだくさん!冬のイベント」

 お正月も終わり、いよいよ冬本番です。

 この冬は、昨年末から暴風雪が続き、市民の皆さんは大変ご苦労されたのではないでしょうか。

北国の私たちにとって、冬は友だちであり、生活の一部です。今年の冬も寒さを味方に、大いに楽しみたいと様々なイベントが用意されました。

 友好都市であるサハリン州ユジノサハリンスク市で活躍中のロシアアンサンブル「ルースキー・テーレム」の皆さんが、2月15日から1カ月間、副港市場で行われる「サハリン館」で、今年もロシアの歌や踊りを披露してくれます。

 また、稚内青年会議所などが中心となって「氷雪の広場」が開催される2月10日、11日の両日は、今年も多くの子どもたちの笑顔と笑い声が会場に満ち溢れることを期待しています。また、10日にはアイスキャンドルがまちのあちらこちらで灯され、幻想的な雰囲気に包まれます。

 そして、このまちの冬のイベントの掉尾を飾るのが「全国犬ぞり稚内大会」です。最北の雪原を目指して、今年も全国から多くの犬たちとマッシャーがわがまちに集結します。

 近年、外国人観光客の方の姿が目立ちますが、これらの方はもちろん、多くの観光客の皆さんを心からの「おもてなし」でお迎えしたいと考えています。

 これからの一日一日は、一歩一歩、春に近づいていきます。厳しい寒さに負けず、雪や氷と親しみながら、お互い元気に過ごしましょう。

本文ここまで

ここからフッターメニュー