ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

平成30年1月1日「新年のごあいさつ」

「新年のごあいさつ」

   市民の皆様、明けましておめでとうございます。
 今年は「戌年」。戌=犬で、人間に最も親しみのある動物に喩えられることもあり、穏やかな一年になることを期待しています。

 今年は、我がまちにとっては、市制施行70年、開港70年という節目の年です。また、北海道では北海道命名150年、国にとっては明治維新150年と、色々な意味で節目の年ですから、全国的に様々なイベントが行われる年ではないでしょうか。

 昨年一年間は、思いがけないイカの豊漁や観光客の増加、とりわけ、インバウンド観光の幕開けともいえるような、外国人の方々の来訪が目立った年でした。今年は末広岸壁の改良も進み、一隻でも多くのクルーズ船が寄港してくれることを期待しています。

 そして、何よりも昨年6月、市内のあちこちでロケが行われ、多くの市民の皆さんにエキストラとしてご協力をいただいた映画「北の桜守」が、2月3日に総合文化センターで、さらには、5日に札幌雪まつり会場で、それぞれ先行上映会が行われ、3月10日の全国公開を待つ形となります。

 先日、吉永小百合さんにお会いしましたが、エキストラで参加いただいた、稚内市民の皆さんに大変感謝されており、一人でも多くの皆さんに見ていただけるよう期待されていました。

 今年は「犬」そして「桜」がキーワードになる年かもしれません。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 

本文ここまで

ここからフッターメニュー