ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

平成29年11月8日(広報わっかない11月号から転載)

「市勢発展へのご貢献に感謝」

 
 今年も11月3日には、文化の日を迎え、これまで長く本市の市勢発展にご貢献いただいた方々を表彰させていただく季節が来ました。

 今回、市政功労あるいは部門別功績、文化・スポーツ奨励賞などで表彰される方々は当然、多くの市民の模範とされるべき方々であることは申し上げるまでもありませんが、どの方も表彰されることを目的として、それぞれの分野で励まれたのではなく、精進された結果が、表彰という形になったということだと思います。

市民一人ひとりが心から祝意を伝え、感謝をすることはもちろん大事ですが、お手本にして取り組み方を参考にすることも必要かなと思っています。

 また、表彰には一定の基準があって、それらの条件を満たすことが必要ですが、機械的な基準だけで判断することには、異論のあることも承知しています。

世の中には、目に触れる功績もさることながら、誰も目を向けない分野で、人知れず社会に貢献されている方がおられます。今回の表彰者の中にも、長年ご家族で社会福祉協議会の愛情銀行に寄付を続けられた方がおります。そのような方々にスポットをあてることも私たちの役割だと思っています。

 東日本大震災以来、「絆」の強さが叫ばれる社会でもあります。次の時代に繋ぐ「まちづくり」を進めるにあたって、助け合い、支え合える地域をつくっていきたい、日頃からそう考えています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー