ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

サハリンへの旅の準備(パスポート編)

1.パスポートの種類

2種類ある
・5年間有効のもの
・10年間有効のもの(20歳未満は取得不可)

2.パスポートはどこで申請するのか

・申請は自分が住民票を登録している都道府県の旅券課で行う。(稚内市内に住民登録をしている方の場合、市役所に窓口がある。)(→総合窓口課のページを御参照ください。)
・代理人による申請も受けてくれるが申請書に本人記入が必要な個所があるので必ず本人が自署すること。また、有効旅券の紛失・焼失・損傷等の申請、居所申請、刑罰関係等に該当する方の申請の場合は代理申請できない。
・代理人による申請の場合には、通常の申請に必要な書類のほか、代理人の身元確認の書類(運転免許証など)が必要。ただし、受領は本人でなければならない。

3.申請時間

・申請受付は一般的に9時~16時30分。受領も同様。

4.パスポート申請時に用意するもの

A.一般旅券発給申請書1通(各都道府県旅券課、稚内市内に住民登録をしている方の場合は市役所にて入手)
B.戸籍謄本または抄本1通(6ヵ月以内に発行のもの)ただし、パスポートの残りが一年未満で作り直す場合、姓名・本籍地の変更がない人は不要
C.官製ハガキ(未使用のもので自分の住所・氏名を記入したもの)
D.身元が確認できるもの【コピーは不可】(運転免許証や保険証、有効期限内のパスポートなど。ただし、写真が添付されていない証明書の場合、写真がついている会社員証などが必要な場合がある。)
E.写真1枚(たて4.5cm×よこ3.5㎝。6ヵ月以内に撮影したもの)
F.以前取得した旅券(過去に取得したことがある人のみ)【有効期限が切れていても持参。『原則』持参しないと受け付けてもらえない。】
G.印鑑

5.受領時に用意するもの

 申請から受領までは申請した日からおおよそ2週間が目安。紛失再発給申請の場合は3週間程度。
 申請した後、申請時に提出したハガキが送られてくる。そのハガキの他、次の書類を揃え、引換書に記載された交付日に、必ず自分で受け取りに行く。
A.引換書(申請時に渡される)
B.旅券課(申請を行った役所)から送られてきたハガキ
C.手数料:5年用は11,000円、10年用は16,000円、12歳未満の子どもは6,000円
(平成18年3月20日申請分から、“IC旅券”の導入により、「IC実費」として申請時の手数料が1,000円上がりました。詳しくは外務省による情報『パスポートAtoZ』を御参照ください。)
*この手数料は現金ではなく、収入証紙と印紙を用意します。
→(稚内市内に住民登録をしている方の場合は総合窓口課のページを御参照ください。)
D.印鑑(スタンプではなく、朱肉で押すもの)

6.有効期限が切れそうなとき

 パスポートの有効期限が切れる1年前から、新しいパスポートの申請ができる。
 手続きや費用は新規で作成する場合と同じ。期限切れでなく、姓名・本籍地の変更がない場合は、戸籍謄本は不要。

7.査証欄の余白が少ないとき

 査証欄の余白が、あとわずかになった場合は増補申請ができる。1冊の旅券につき1回限り40ページ追加が2,500円の手数料でできる。申請から受領までは2週間程度。

8.姓が変わったとき

 パスポートの記載事項に変更が生じた場合、原則として新規発給を申請する。または、手数料900円で訂正も可能。申請から受領までは2週間程度
・変更の際必要なもの戸籍謄本・印鑑・パスポート

9.住所が変わったとき

 基本的に住所移転したのみでは申請の必要はない。ただし、本籍地の変更を伴う住所の変更に関しては申請が必要である。変更の際必要なものは「姓が変わったとき」と同様である。

10.紛失したとき

 基本的に再発行をしてもらえるが、再発行してもらったものは前のパスポートを踏襲するので、残存期限は変わらない。また、再発行までの手続きが面倒。紛失の状況にもよるが一般旅券紛失(焼失)届のほか盗難等であれば紛失を証する書面(警察発行)等がいる。

お問い合わせ先

建設産業部サハリン課
稚内市中央3丁目13番15号
交流促進グループ 23-6486(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー