ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「ユジノサハリンスク道北物産展2017」(2017年10月13日~15日)

物産展の様子

10月13日(金)から10月15日(日)の3日間にわたり、ユジノサハリンスク市内の大型商業施設「シティーモール」にて『ユジノサハリンスク道北物産展2017』を開催しました。

 

この「道北物産展」は、道北地域とサハリンとの人・物の交流拡大と地域間交流の推進、道北地域の産物の海外への販路拡大等を目的に、2013(平成25)年から開始された道北9市(旭川市、留萌市、紋別市、士別市、名寄市、富良野市、深川市、芦別市、稚内市)で構成する「サハリン経済交流促進協議会」による取組です。

今回(今年)で5回目を迎えるということもあり、ユジノサハリンスク市民等の間では、「秋の恒例行事」として定着している感があります。

今回は、6市から、前年並みの58品目が出展されました。これらの商品は、「稚内・コルサコフ定期航路利用促進協議会」による貨物船チャーター事業で運航された貨物船(10月7日稚内港出港)を利用して輸送(輸出)されました。


10月13日(金)午前10時の開始とともに、大勢の来場者が各ブースへと詰めかけました。金曜日の午前中ということもあり、例年の状況から、それほど多くの来場を想定していませんでしたが、皆さん、この催しを楽しみにしてくれていたようで、さっそく北海道のおいしい農産物など「お目当ての品」を求める姿があちらこちらで見られました。

各市の販売ブースでは、いろいろと工夫を凝らした展示や試食などが行われ、稚内市のブースでも「商品を使ったレシピ」や「商品の使い方」を見やすくボード等で説明するなど、販売商品の利用方法を紹介、提案するような工夫をしました。それらを参考に商品を手に取る姿も多く見られました。
物産展の様子   物産展の様子
商品の使い方等を紹介   物産展の様子

商品によっては、日ごとに在庫数を調整しながらの販売となりました。3日目(日曜日)の午前中には、「完売」も目立つようになり、大盛況のうちに物産展は終了となりました。

各市が出展した商品の一部について、シティーモール内に店を構えるスーパーマーケットチェーン等が仕入れを希望するなど、意欲のある事業者にとっては好ましい、継続的な取引へつながる動きも見られました。

 
◆「稚内の魅力フォトコンテスト」表彰式・作品展示◆ 
今回の催事に合わせて、定期航路を利用して稚内を訪問したロシア人を対象に行った「稚内の魅力フォトコンテスト」の表彰式と入賞・入選者の作品展示を行いました。
フォトコンテスト作品展示   フォトコンテスト作品展示
表彰式は、10月14日(土)の午後4時から、北海道庁の事業による催事のため設置されたステージをお借りして実施しました。当日は、シルバー賞のリュドミラ・パノワさんが出席し、主催者である稚内市から、表彰状と記念楯、記念品を贈呈しました。もう一人のシルバー賞(アレクサンドラ・パノワさん)は、出席したリュドミラさんの娘ということで、同じく表彰状等を代理で受け取っていただきました。

シルバー賞受賞者シルバー賞受賞者


都合により、ゴールド賞のアナスタシア・ポタポワさんは来場できませんでしたが、後日、サハリン事務所を通じて、表彰状や記念品等一式をお渡ししました。
ゴールド賞受賞者
 

※「稚内の魅力フォトコンテスト」について

2017年6月から8月までの間、稚内・コルサコフ定期航路を利用して稚内を訪れたロシア人旅行者を対象に、「稚内の魅力」を撮影した写真を広く募集、22点の作品応募がありました。
本市在住の写真家 斉藤マサヨシ様 にご協力をいただき審査を行い、ゴールド賞1作品、シルバー賞2作品、入選5作品を決定しました。入賞作品は次のとおりです。

■ゴールド賞   作品名:稚内の空中ブランコ (撮影:アナスタシア・ポタポワさん)
写真「稚内の空中ブランコ」

■シルバー賞  作品名:ノシャップ岬 (撮影:アレクサンドラ・パノワさん)
写真「ノシャップ岬」

■シルバー賞  作品名:美味しい食べ物の隠れ家 (撮影:リュドミラ・パノワさん)
写真「美味しい食べ物の隠れ家」
 

本文ここまで

ここからフッターメニュー