ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

フォトトピックス

稚内サハリン館オープン

2017年2月16日

拡大画像を見る

おなじみとなった稚内の冬の観光イベント「稚内サハリン館」。今年も観光応援団として友好都市であるサハリンのユジノサハリンスクから実力派アンサンブルの「ルースキーテーレム」の皆さんが来てくれました。会場の稚内副港市場では2月15日(水)にオープニングセレモニーが行われ、工藤市長が「いよいよアンサンブルのステージが始まります。この素晴らしい歌や音楽はまさに友好の証。市民の皆さんも観光客の皆さんも異国情緒あふれるステージを楽しんでください。」と挨拶。また、アンサンブルのリーダー、アンドレイさんも「今年も稚内の皆さんが大好きな曲、新しい曲を用意してきました。この1ヵ月ぜひ楽しみに見に来てください。」と話し公演がスタート。アンドレイさんが奏でるロシアのアコーディオン「バヤン」のメロディーにのせて、きらびやかな衣装に身を包んだメンバーがロシア民謡や舞踊のほか、日本の歌も交えながら楽しいステージを繰り広げます。
サハリン館の公演は午後5時と6時の2回行われ、毎週火曜日を除いて3月15日(水)まで毎日行われます。入場は無料で公演が終わった後はアンサンブルのメンバーとの記念写真も撮影できます。皆さんもぜひ異国情緒あふれるステージをお楽しみください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー