ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

外国人住民の方へお知らせ

201378日より、外国人住民の方についても住民票コードが付番され通知しました。

また、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の運用についても開始され、外国人住民の方も住民基本台帳カード(住基カード)の交付を有料で受ける事が出来るようになりました。

住基カードはセキュリティに優れたICカードで、顔写真付き住基カードは公的な身分証明書としても使え、電子証明書を格納すると、公的個人認証サービスが使用可能なインターネット申請を利用出来ます。

なお、今回の住基ネット運用開始にあたり、外国人住民の方に手続きをしていただく必要はありませんが、一部の行政手続きにおいて、住民票の写しの提出を省略するために、住民票コードの記載を求められることがありますので、住民票コード通知票は大切に保管して下さい。

住民票コードについて

●住民票コードとは、全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な11桁の重複のないランダムな数字です。

●住所や氏名等に変更があっても番号が変わりません。

●住民票コードを忘れてしまった場合、電話照会等で教えることは出来ません。窓口にて住民票コード通知票をお渡しする事が出来ますので、本人確認書類(在留カード等)と共にお申し出下さい。


詳しくは



本文ここまで

ここからサブメニュー

早引きインデックス

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー