ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

引っ越しなどで一般ごみや大型ごみを自分で処分場へ運ぶ(自己搬入)

 引っ越しや整理などで一般家庭から一時的に大量にごみが出る場合や大型ごみが複数あるので自分で持ち込みしたいという場合、自分で稚内市廃棄物最終処分場(以下:処分場)へ持ち込みすることができます。(地図)及び(近隣の画像)PDF182kb
※処分場へはご自身で行くことが原則です。車を運転できないので人に頼むなどの場合は必ず同乗ください。 処分場に持ち込む場合でも分別しなければ受け入れしません。
紙ごみ、ペットボトル、段ボールなどの資源物は分別し、処分場へは一般ごみ及び大型ごみとして出せるもののみとなります。

ごみの分別はすぐにはできません。事前に期間を設けて取り組みましょう。
 
1.稚内市分別ガイドブックを見ながら分別してください。
袋は黄色の指定袋には入れず、白色半透明か透明の袋に入れてください。段ボールなどに入れていた場合、処分場に搬入後持ち帰ってもらいます。その後資源物として出してください。一番の下の欄には引っ越しの場合に多く出る物の処分例を記載しています。
 
【一般ごみ・大型ごみ】 ➩ 処分場へ持ち込み

【資源物】 ➩ リサイクルセンターへ直接持ち込み(平日)して頂くかステーションに資源物の日に排出してください。市の分別ガイドブックにそって種類毎に分けてください。各施設の営業時間等を確認ください。
【テレビ・冷凍、冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコン】 ➩ 市では処分できません。購入した家電販売店や市内の家電販売店に問い合わせするか(財)家電製品協会 0120-319-640 へ問い合わせしてください。自分で持ち込みする場合はP20排出方法の①自分で運ぶ場合を参照ください。
【パソコン・パソコンモニター】 ➩ 市では処分できません。メーカーへ問い合わせするかパソコン3Rセンター 03-5282-7685 へ問い合わせしてください。
【生ごみ】 ➩ バイオエネルギーセンターへ処分場の窓口で計量後持ち込みしてください。(混載せずに分別)
 
 2.一般ごみ・大型ごみを処分場へ持ち込み(休場日は日曜日・1月1~3日のみ、営業時間は8時30分~16時30分までに持ち込み)
  ごみを捨てる方が乗車した車両で処分場へ向かってください。受付でごみの種類などを話して車両ごとの重さを量ってもらってください。その際連絡票を渡されるのでそれを持って処分場(特大の白いテント)の内部に入ってください。 ごみによって捨てる場所が異なりますので事前に受付で確認ください。(金属や木材など)
 捨てる際にごみの分別が適正かどうか確認していますので処分場(特大の白いテント)の内部職員の指示に従ってごみを捨ててください。
 
3.捨てた後
 連絡票を持って受付へ戻り車両ごとの重さを量り、料金を支払いしてください。
 一般家庭は10キロ 25円となります。

 
  引っ越しの場合【引っ越し時に多く出てしまうものを列記します。】
  ★市内にもリサイクルを業としている会社がありますのでNTT電話帳で調べてリサイ  
   クルすることを検討ください。
  ・【古衣類】 古着はかさ張り多量に出る場合が多いです。古衣類はきちんと分別すれば資源物(無料)として出すことができます。ガイドブックのP18に記載しています。
古衣類(資源物)として出せる物は透明な袋に入れたあと市内にある回収ボックスに入れてください。スーツは市内の大型販売店で引き取りしてくれていますので問い合わせください。古衣類は捨てればごみになりますが、資源として有効利用できることを知ってください。その他の衣類は一般ごみか大型ごみ(ふとんなど)になります。(有料)
  ・【食器】 厚めの段ボールなどに入れて処分場に持ち込みできます。捨てたあとの段ボールは持ち帰ってもらいます。食器類は未使用などであれば大きな街に行く機会に売る事も出来る場合もあります。食器類(ガラス・瀬戸物含む)はすべて一般ごみになります。
  ・【雑誌、段ボール、その他の雑紙】 紙類は意外と量として多く出ます。コミックなどの本は市内・市外の古本屋などで売却してみましょう。紙類はリサイクルセンター(平日)へ持ち込みできます。各施設の営業時間等はガイドブックを確認ください。ステーションに出す場合も一度に出すと他の人に迷惑をかけますので週を分けて出しましょう。
  ・【プラスチックの製品】 プラマークがついていないものは一般ごみとなります。処分場に持ち込みしてください。 例 プラスチック製の食器や風呂桶やおもちゃ、ハンガー、衣装ケースなど。安いからと言って無駄な買い替えは避けましょう。
  ・【本棚などの木製製品や金属製の衣装掛け等】 引っ越し先で活用することを検討してください。捨てる場合は、木材は木材。金属は金属で分けると処分場内で右往左往しなくて済みます。どちらも処分場へ持ち込みできます。木材と金属は捨てる場所が違いますので事前に処分場窓口で聞きましょう。
  
   捨てたらごみ。生かせば資源。 
 なお、適正処理せず不法投棄した場合は、刑罰が重く5年以下の懲役・1千万円以下の罰金となります。ごみは処分場へ持ち込むなどすれば千円程度で済むはずです。

お問い合わせ先

環境水道部くらし環境課
稚内市中央3丁目13番15号
衛生グループ 0162-23-6437、0162-23-6181、市民生活グループ 0162-23-6413

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー