ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

Q&A

Q&A

【Q】「ちょっと暮らし」を体験したいときはどこに相談すればいいですか?

【A】「ちょっと暮らし」体験を希望される方は、以下にご連絡ください。

<連絡先>
 稚内市まちづくり政策部地方創生課総合戦略推進グループ
 〒097-8686
 北海道稚内市中央3丁目13-15
 電話番号:0162-23-6192
 FAX番号:0162-23-3281
 E-mail:tihousousei@city.wakkanai.lg.jp

【Q】体験住宅で生活した場合、買い物は不便ですか?

【A】市内にはコンビニやスーパーのほか、大型スーパーや大型日用品店もあり、ひと通りの生活用品が購入可能となっています。「街なか1号」からは徒歩数分圏内に商業施設があり、とても利便性が高いです。また、「西浜1号」からは車で最短7分でコンビニがあります。「下勇知1号」からは車で最短7分で日用品販売店がありますが、車で約30分の市街地まで買い物に行かれる方がほとんどです。

【Q】体験住宅の近くに病院はありますか?

【A】稚内市の中心市街地には「市立稚内病院」があります。この病院は稚内市や宗谷地区の中心的な病院です。体験住宅からはそれぞれ、「下勇知1号」からは車で約30分、「西浜1号」からは車で約15分の距離に位置しています。この他にも中心市街地周辺にはいくつかの病院や歯科診療所があります。詳しくは、当ホームページの「稚内市の紹介」の「医療機関の情報」欄をご覧ください。

【Q】自家用車がないと不便ですか?

【A】「西浜1号」には隣接する道路にバス路線がありますが、「下勇知1号」の付近にはバス路線がないことから自動車(自家用車、レンタカー)による移動が不可欠です。

【Q】インターネット環境はどうなっていますか?

【A】体験住宅内には無線LANを設置しております。必要に応じてパソコン・タブレットなどをご用意ください。
 

【Q】服装はどうすればいいですか?

上着 備考
5月 コート、ジャケット 5月中旬までは寒さが残ります。
上着はもちろん雪解け水の足元対策を忘れずに。
6月 ジャケット、ウィンドブレーカー
カーディガン
7月 ウィンドブレーカー、カーディガン 夏の暑さは厳しくなく、半袖・7部袖で過ごせます。
8月
9月 ウィンドブレーカー
カーディガン、コートジャケット
9月ごろからは朝晩が冷えます。
風も強いので軽い上着の準備をしてください。
10月 ウィンドブレーカー
ジャンパー・フリース
コート・ジャケット
雪が降り始める10月下旬ごろからは、
防寒対策が必要になります。
11月 ジャンパー・フリース
コート・ジャケット
12月 ジャンパー・フリース
コート・ジャケット
厚手コート~ダウンジャケット
防寒着
12月からは本格的な冬に。
暖かい格好を心がけてください。
1月 厚手コート~ダウンジャケット
防寒着
稚内の長く厳しくも美しい冬の季節です。
防寒対策には手を抜かず、白銀の世界を楽しみましょう。
天気予報をこまめにチェックしておくと良いでしょう。
2月
3月

ページ内リンク

以下のページもご覧ください。
稚内市の紹介
体験住宅の紹介
申し込み方法
・Q&A
移住者の声
 

お問い合わせ先

まちづくり政策部地方創生課
稚内市中央3丁目13番15号
総合戦略推進グループ 0162-23-6192、まちづくり協働グループ 0162-23-6471、医療対策グループ 0162-23-6287

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー