ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

災害時における避難情報について

避難情報について

避難情報は、気象台から発表される情報(警報・注意報など)や、災害の状況から判断し、市から発令されます。
東北・北海道地方を襲った台風によるグループホーム等の被害を受け、適切な避難行動をとれるよう国で検討した結果、避難情報の名称が次のとおり変更されました。(平成28年12月26日付)
「避難準備情報」の名称変更について(内閣府防災情報のページ)

避難情報の種類

名称 発令する状況 とるべき行動
避難指示(緊急) 災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合

まだ避難していない場合は直ちにその場から避難しましょう。

外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
避難勧告 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合 避難場所へ避難をしましょう。
避難準備・高齢者等避難開始 避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予想される場合

いつでも避難ができるよう準備をしましょう。身の危険を感じる人は、避難を開始しましょう。

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)は避難を開始しましょう。
避難情報は、避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)の順に危険度が高くなっています。
災害の状況によっては、最初から避難勧告や避難指示が出されることもあります。
避難勧告等が発令された時は、開設された避難所などの安全な場所へ避難してください。
 稚内市の指定避難所等はこちら

避難情報の伝達手段

 稚内市は、避難情報を次の手段で皆様にお知らせします。

お問い合わせ先

総務部総務防災課
稚内市中央3丁目13番15号
総務グループ 0162-23-6235、法規文書グループ 0162-23-6259、選挙・統計グループ 0162-23-6293、IT推進グループ 0162-23-6406、防災グループ 0162-23-6380

メールでの問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー