ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

~人と地球にやさしいエコだより2~

道民環境行動月間、道民環境の日について


7月は道民環境行動月間及び道民環境の日(7月8日)があります。これらは、北海道と環境道民会議にて「北海道環境宣言」に基づき、上記の期間に道民の皆様に「3つの心」を持って環境にやさしい「8つの行動」を実践することを呼びかけています。
 3つの心とは、地球温暖化など地球環境の環境問題に関心をもち、知恵と技術を活かし、地域で行動をするという「地球を守る心」、ものが無駄になることを惜しみ、限りある資源を大切にし、省資源や省エネルギーに取り組むという「もったいない心」、自然や森林を守り育み、自然と調和して生きるという「自然と共生する心」の3つになります。
 また、8つの行動は使っていない照明やパソコンを1時間消すなどの照明や電化製品の使い方を見直すことや買い物の際、マイバッグを持ち歩き、省包装の商品を選ぶなどを行うことで道民一人一日10%(1.1kg)の二酸化炭素を減らすことや、オフィスや事業所の省エネルギーや省資源をすすめる等の行動があります。

 本市においても、市民の皆様に上記の「3つの心」を持っていただけるような取組をご紹介いたします。
 

エコ&セーフティドライブ

 この取組は、平成15年度に警察庁、経済産業省、国土交通省及び環境省を関係省庁とする「エコドライブ普及連絡会」が策定した「エコドライブ10のすすめ」に基づいて北海道が推進している取組です。燃費良く走って二酸化炭素(CO2)の排出を減らし、交通安全にもつながるエコ&セーフティドライブ(以下、エコセフ)の普及促進を通じて北海道の地球温暖化防止を図っています。
 このエコセフのメリットとしては、地球温暖化防止や地球資源の節約、その資源が節約されることにより使用される燃料も節約できるので自分自身のお財布にも優しいというメリットがあります。
 それでは、具体的にどのような方法でエコセフを行うのかご紹介いたします。エコセフの具体例としましては、車の発進時、5秒かけて時速が20 kmになるくらいに穏やかにアクセルを踏むふ~んわりアクセルや、車の速度を極力保ち、加速・減速を少なくすること、停止や減速、下り坂では早めにアクセルを戻してエンジンブレーキを活用することなど合わせて10の方法があります。エコセフの詳しい内容については、参考にてURLを載せてありますのでぜひご覧下さい。
 
これから夏休みシーズンが到来し、家族や友達、一人旅で遠くへ出掛ける機会が増えてくる時期になると思いますので、車での遠出の際には、環境や人にやさしいエコセフに取り組んでみてはいかがでしょうか。


〇参考
・道民環境の日・道民環境行動月間について
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/ecokoudou.htm
・北海道のエコ&セーフティドライブ
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp./ks/tot/ecodrive.htm
 

お問い合わせ先

環境水道部

本文ここまで

ここからフッターメニュー