ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

昭和天皇行幸啓記念碑


 昭和43年9月、開道百年記念式典のご臨席のおりに、ご来市になられた天皇・皇后両陛下は、稚内公園の『九人の乙女の碑』の前で、当時の浜森市長より九人の乙女の悲話をお聞きになりました。

 両陛下は、目頭に涙を浮かべられ、深く頭をお下げになり、九人の乙女の冥福をお祈りされました。
後日、この時のご感銘を次ぎの様に詠まれました。

碑文

 御製(天皇)
 樺太に命を捨てし たおやめの 心思えば胸 せまりくる


 御歌(皇后)
 樺太につゆと消えたる 乙女らの みたまやすかれと ただいのりぬる

 両陛下の御製・御歌は、行幸啓記念碑に刻まれ、昭和44年8月に除幕されました。

本文ここまで

ここからフッターメニュー