ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

樺太犬供養塔

樺太犬供養塔の写真


 白い南極の大陸で命を落とした15頭の“犬ぞり隊”の霊を慰めるための慰霊碑で、稚内公園の犬ぞり訓練所跡地に、昭和36年10月、建立されたものです。

 観測隊がケルンをつくり、それを道標として雪原を前進したことから、慰霊碑は、三角のケルンに秩父硬石が張りめぐらされています。

 稚内市では、毎年8月上旬に、この慰霊碑の前で“慰霊祭”を行っています。
 
この行事は、稚内市内の小学生が中心となり実施しているもので、慰霊の言葉や花束を捧げたり、『タロ・ジロの樺太犬』を歌ったりします。

 子どもたちはこうして今なお、樺太犬への深い愛情を持ち続け、“慰霊祭”は次代に受け継がれています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー