ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

南極観測樺太犬訓練記念碑

南極観測樺太犬訓練記念碑の写真

 昭和32年、国際地球観測年を機に、日本が初めて南極観測に参加するにあたって、極地での物資輸送を目的に"犬ぞり隊"が編成されました。

  この"犬ぞり隊"の主役が、稚内周辺から集められた樺太犬たちです。

  南極へ出発する前に、"犬ぞり隊"は稚内公園で8ヶ月間、厳しい訓練を受け、その中から選び抜かれた22頭の樺太犬は、南極観測船『宗谷』で白い大陸に渡り、任務をまっとうしました。

  しかし、南極の悪天候を克服できず、樺太犬15頭が現地に置き去りにされて死ぬという悲劇を被りました。

  そして、昭和34年1月、第3次越冬隊がタロ・ジロの奇跡的な生存を確認し、当時世界の人々を感動させたことは今日でもよく知られています。
  稚内市は、樺太犬の功績を讃え、『南極観測樺太犬訓練記念碑』を制作しました。  記念碑はブロンズ像で、台座には南極で採取した白石が埋め込まれています。
 
  除幕式には、樺太犬を南極に置き去りにした隊員への非難と、タロ・ジロの奇跡の生還の歓喜がうずまく中で、昭和35年7月、関係者多数の出席のもと、とり行われました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー