ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

旧海軍望楼

 帝政ロシアとの国交が悪化し始めた明治35年に、国境の備えとして旧帝国海軍が建設したもので、当時最強といわれたロシアのバルチック艦隊が、宗谷海峡、津軽海峡、東シナ海のどこかを通過し、ウラジオストクに集結するかを察知することは、戦略上極めて重大であったことから、同望楼の海上監視にも、任務の重要性が課せられました。

 日露戦争の終結に伴い望楼の使命は終わりましたが、その後も、無線通信基地や、太平洋戦争では対潜水艦監視基地として使用されました。

 稚内では明治年代の建築物で現存する唯一のもので、昭和43年12月、市の有形文化財に指定されました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー