ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

看護部のご案内

市立稚内病院 看護部紹介

市立稚内病院看護部は「人に向き合う姿勢を大切にします。安全で質の高い看護を提供します。」を理念に各部署で日々皆様の手助けが出来るよう、日々奮闘しています。地域センター病院としての使命を守り、やりがいを持って活動できる地域に根差した看護職の育成を目標にしています。

看護部長  惣万 睦子

≪理念≫

人に向き合う姿勢を大切にします。
安全で質の高い看護を提供します。

≪看護部目標≫

1. 優しさと思いやりのある看護を提供します。
2. 患者・家族が共に参画する看護を提供します。
3. 安全で安心な看護を提供します。
4. 自ら学び看護の専門性を発揮します。
5. 皆が働き続けられる職場環境を作ります。
6. 病院経営目標に積極的に参画します。

≪委員会活動≫

教育委員会…
経年度別研修(新採用、2年目、3~4年目、4~6年目)
科長・係長研修、キャリアアップ研修、パワーアップ研修、プリセプター・サポートナース研修、臨地実習指導者研修、クラーク研修、補助者研修、看護研究 等、年間計画に乗っ取り活動を行っています。

業務委員会…
医療事故防止対策委員会、感染委員会、褥瘡・NST委員会、CS委員会、看護基準・手順・業務改善委員会、パス・記録委員会を設置し看護業務の安全確保と安全な看護の提供を目標に活動を行っています。

≪看護体制≫
チームナーシング・受け持ち制

≪夜勤体制≫
2交代と3交代を選択するミックス制

市立稚内病院 病棟紹介


<三階病棟>
診療科は外科・泌尿器科・耳鼻科・麻酔科です。
外科では、胃、膵臓、腸、胆石、ソケイヘルニアなど消化器を中心とした手術前後の患者様、化学療法を受けている患者様、交通外傷や多発外傷の患者様が入院します。泌尿器科では、前立腺、腎臓、膀胱、尿管など尿路系の検査、手術、治療を受ける患者様が入院します。

<スタッフ構成>
看護師20名 病棟クラーク1名 看護補助者3名が安心して入院生活が送れるよう連携を取りながら業務を行っています.

<看護サービス>
手術前後の患者様が多く入院しているため、術後合併症予防のための早期離床に重点をおき看護しています。また、入院によって生活のレベルを下げないよう日々スタッフが協力、連携した医療を提供しています。

<PRタイム>                                                                               
※患者様の思い、人格を尊重し、誠実で優しい看護を提供します。
※月1回の勉強会を定期的に行いスキルアップに励んでいます。
※平均年齢30.7歳のとてもフレッシュな美人ナースが勢揃いで笑顔あふれる、さわやかな病棟です。
※忘年会では、皆で女子高生になりきり「セーラー服を脱がさないで」を踊りました・・・。
楽しい病棟です。




<四階病棟>
産婦人科30床 小児科20床(新生児集中治療室5床含む)の混合病棟です
新生児からターミナルケアまで非常に多岐に渡る対象者が入院しています。しかし、院内では、女性と新生児、小児だけの入院という特徴ある病棟でもあります。そのためか、病棟は、明るく穏やかな空気が流れています。

<スタッフ構成>
助産師11名(3名非常勤) 看護師18名 クラーク1名 看護補助者3名
看護体制は、2交替、3交替のミックスで行い、夜勤は3名体制です。
新生児集中治療室に患者が入院した場合は4名で夜勤を行います。

<看護サービス>
※産婦人科は管内離島を含む宗谷管内を始め、広くは北留萌管内のお産も一挙に引き受けています。(年間400件)育児を含めて、母乳外来を毎週水曜日の午後に開催し安心した育児ができるようサポートしています。(助産師指導)
※小児科も広範囲の小児科入院を引き受けています。
小児科の入院は、感染症、呼吸器疾患、胃腸炎などが主で、新生児集中治療室は、低出生体重児、呼吸器疾患、感染症などの患者様が入院しています。
※産科と小児科の混合病棟なので連携も取れ安心してお産することができます。


      
<PRタイム>

※安心した入院生活を提供できるように、スタッフ全員で優しい言葉がけ、笑顔で対応することを心がけています。
※平均年齢36.3歳の綺麗どころ・・・?がそろってます。


<5階北病棟>
当病棟は、障害者施設等一般病棟です。「重度の肢体不自由者、脊髄損傷等の重度障害者、難病の患者等が7割以上いるため、車椅子を使用している患者様や寝たきりの患者様など、長期入院が必要な慢性期の患者様が多く入院しています。診療科も、内科・外科・整形・泌尿器科・耳鼻科などあらゆる科の患者様をケアしています。

<スタッフ構成>
10対1看護で、看護師19名、病棟クラーク1名

<看護サービス>
車椅子や寝たきりの患者様が多いので、褥瘡予防対策や入浴介助・食事介助など日常生活援助を主に行っています。また、患者様と御家庭が安心して退院できるよう地域や医療支援相談室と連携した看護サービスを提供しています。


<PRタイム>
※笑顔と優しさのある看護を目指しています!
※みんな腰痛を持ちながら頑張っています!
※歌って踊れる看護師がいっぱいいます!
※病院で一二を争う美人の看護師がいます!


<5階南病棟>
診療科は、整形外科31床 耳鼻科8床 眼科8床 合せて47床の病棟です。
整形外科では交通事故やスポーツでの負傷、作業中の事故、ご高齢の方で股・膝関節の骨折で来られる方が多数を占めています。
耳鼻咽喉科では扁桃炎、顔面神経麻痺、突発性難聴などの治療を目的とした患者様が多数を占めています。
眼科は、白内障の手術予定の患者様が主になっています。
混合病棟の特性をもとに、入院患者様の年齢層は幅広く、手術を受けられる患者様や退院に向けてリハビリを頑張っている患者様など様々です。

<スタッフ構成>
看護師22名、クラーク1名で構成されています。

<看護サービス>
疾患により日常生活動作の制限がされている方や、難聴の方、視力障害をもった方など、基本生活援助が必要な患者様が多く、そのため私達は患者様が安全で安心な入院生活が送る事ができ1日も早く退院の日を迎えられるよう、毎日患者様とともに頑張っております。



<6階北病棟>
内科36床 感染病床4床の混合病棟です。
入院患者様のほとんどが内科疾患で消化器、呼吸器、内分泌、血液疾患の方ですが、循環器系の心不全や呼吸器管理の必要な重症患者様の入院もあります。救急で受け入れた患者様が多く入院しますので専門にこだわらずあらゆる患者様に対応しています。

<スタッフ紹介>
看護師21名 看護補助者7名(6階フロア―)クラーク1名で日々の看護を行っています。

<看護サービス>
私たちの病棟では、参加型看護計画の実施に取り組み、個別性のある看護援助が行えるよう、スタッフ一人一人援助を行っています。
接遇にも力をいれていて、自ら進んで笑顔で挨拶を行う様、日頃から心がけています。


<PRタイム>
※6階北病棟は、スタッフ同士の仲がとても良く、いつも賑やかで明るく、スタッフの笑顔が絶えない素敵な病棟です。是非、一緒に看護の楽しさを感じつつ、自分のスキルを磨きませんか。


<6階南病棟>
内科38床 皮膚科5床の混合病棟です。内科は、治療、検査、内視鏡手術、化学療法などの患者様。皮膚科は、皮膚疾患の治療、手術の患者様又、在宅から褥瘡の悪化による入院など、さまざまな患者様が入院しています。

<スタッフ構成>
看護師22名、クラーク1名、助手7名

<看護サービス>
看護師は専門知識に基づいて、安心・安全な看護を提供できるよう患者様のケアを行っています。
親切で丁寧な対応を心がけており、患者様のご意見を尊重し支援しています。


<PRタイム>
スタッフ間仲が良く、活気の溢れた病棟です。
スタッフ全員が一丸となって協力し、質の高い看護が提供できるよう一生懸命に患者様に接しています。


<西病棟>
宗谷管内唯一の精神神経科病棟です。
看護配置は、15:1です。
2階:開放病棟50床(10床休床中)
3階:閉鎖病棟50床(10床休床中)


<スタッフ構成>
看護師36名 補助者8名 クラーク2名

<看護サービス>
 地域に密着した精神科救急に対応し、患者様のニーズや症状に合わせた薬物療法、精神科リハビリ、デイケア、訪問看護などを行っています。
 回復を目指す患者様のお手伝いをさせて頂きます。
 総合病院の特徴を活かし、心と身体の両面に対応できるよう努めています。

<PRタイム>
※「私も受けたい」と思えるような笑顔の看護を心がけています。



外来内視鏡室

<内視鏡検査とは>
内視鏡検査は各種疾患の早期かつ正確な診断に重要な手段であるとともに、病変の内視鏡的切除術、食道静脈瘤結紮術、内視鏡的止血術、結石除去術など多岐にわたる方法により低浸襲の治療を可能としています。

<内視鏡室の紹介>
当院内視鏡室では、上部内視鏡検査(胃カメラ)をはじめ、下部内視鏡検査(大腸カメラ)呼吸器内視鏡(気管支鏡カメラ)胆道系内視鏡検査(ERCPなど)の多岐にわたる検査を行っており、最新の高解像度の内視鏡や特殊光(NBI)による観察で、癌の正確な診断をしております。また、消化管出血に対する緊急止血術、胃・大腸ポリープに対するポリペクトミー・粘膜切除術、胃腫瘍に対する粘膜下層剥離術(ESD)、消化管狭窄に対するステント留置術、総胆管結石・悪性胆道狭窄に対するドレナージ術・載石術・メタリックステント留置術、経口摂取困難な患者様に対する胃瘻造設術等の各種消化器内視鏡治療を行っています。



<徹底した感染対策>
 内視鏡ファイバーに対する洗浄・消毒の質と信頼性を高めるため、当院では、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡の洗浄・消毒ガイドライン」に準じて全検査1件ごとに内視鏡スコープの洗浄、高レベル消毒を行い、処置具のディスポ化を図っております。患者様一人一人が安心して検査を受けていただけるよう、内視鏡水準の維持・向上に努力し、地域医療に貢献できるよう心掛けています。


お問い合わせ先

市立稚内病院

ここからサブメニュー

看護部

  • 看護部のご案内

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー